八幡平(秋田県北地区高校山岳部春山合宿に同行して)

2010年3月26日(金)~28日(日)
秋田県高体連県北支部登山部の春山合同合宿に同行させていただいた。能代高校3名、能代工業7名、鷹巣農林5名と顧問5名と私で総勢21名だった。
26日アスピーテライン通行止めゲートがあるの蒸ノ湯休憩所の駐車スペースに車を駐め、14時12分出発。少し雪が舞う天気であった。アスピーテラインから左の斜面に取り付き、急な斜面を標高差90m程を登りきると緩斜面が延々と続く。何度も立ち止まって後続を待ったり、小休止をしたりして17時9分八幡平山頂に着き記念写真を撮る。更に進んで17時23分陵雲荘に着いて中に入り夕食の準備をする。
27日朝、外に出たらすばらしい天気。8時18分茶臼岳へ向けて出発。天気予報が芳しくなかったので標識は出来るだけ密に雪面に打つようにした。8時47分源太森に着き、山頂で写真を撮ったりしてから、8時52分茶臼岳へ向けて出発。少し風も吹き時々雪も舞うようになる。黒谷地湿原までの下りで標識の本数が少ないのが気になり、標識の補完としてピンクテープを樹に括り付ける。結構雪が深くラッセルに疲れを感じながら10時52分茶臼山荘横を通過して11時2分茶臼岳山頂に立つ。風が強くなり雪が舞い視界も悪い。11時7分下って11時15分茶臼山荘に入る。ゆっくり昼食を食べる。外が荒れ出しているのを気にしていたが、外へ出たら予想通り風が強く吹雪いていた。12時7分陵雲荘へ向けて出発。視界が悪く標識とピンクテープを慎重に確認しながら進む。黒谷地湿原を通過して源太森の尾根を登るにつれて風が強くなり視界が悪く何度も立ち止まる。時折ゴーッという風とともに雪が舞い視界が無くなる。気温は何度だっただろうか?茶臼山荘の中の温度計は-6℃であった。源太森山頂手前辺りからは慎重に隊の最後尾を確認しながら進んだ。標識が確認出来ない時は、隊を止めて次の標識を探して確認出来てから進むという手順で、確実に隊を前進させた。やがて眉毛が凍った等と言い出すものが出てきた。14時5分、ようやくすぐ前に陵雲荘が現れホッとして中に入った。茶臼岳へ行く時より遙かに早く戻った。休憩無しで、歩き続けたからであろう。この風雪は深夜まで続いた。
28日朝、外へ出たら青空に純白の雪面が輝いていた。樹氷原が見え、風も弱く気持ちの良い天気だった。寒いからか空中をキラキラとダイヤモンドダストが舞っていた。2泊させていただいたお礼の気持ちとともに陵雲荘を8時34分出発。少し登り八幡平山頂に9時3分に着く。山頂部は雲に覆われていた。スキーの人はシールをはずして9時10分出発。少し曇っていたが、下るにつれて日が指し気持ちの良い下りになる。新雪がたっぷり積もり最高の滑りになるかと思ったが、緩斜面では深雪が抵抗になって滑らない。休んだりしながら下っていたら、新しいスキーのトレースを発見!気になって予想した山仲間に電話したら違っていた。更に、スノーシューで登ってきた人とすれ違う。最後の急斜面でパウダースノーの気持ちの良い滑りをして登り口に降りようとしたら、私より先輩のご夫婦がスノーシューで登ってきて樹氷の様子を聞かれた。10時49分無事に下山。
雪に埋まっていた車を掘り出し、再会の挨拶をして解散!雪壁での登攀や懸垂下降、ビレーの方法などの訓練を予定していたが時間や天気の関係で出来なかったのが残念であった。
その後、ほぼ全員が後生掛温泉へ!すっきりしてから、いつものようにアイスを食べ、私は独り花輪の「南部手打そば切田屋」へ向けGO!今日の雪だったらもっと滑りたかったなーっと、アスピーテラインを車で下りながら思っていた。この後、こんな雪に出会えるのかな?
詳しい事は山へ行こう!のサイトをご覧ください。



26日、出発準備中の風景。写真の右下がふけの湯温泉。除雪基地の人に伺ったら、重機が何台か入るので車を写真手前に移動させて欲しいと言われた。この後、車を移動させた。
ふけの湯温泉入口


26日、八幡平山頂について集合写真!
八幡平山頂


27日、八幡沼の東端の鞍部から源太森への登り。後方のこんもりとした樹氷の集合が陵雲荘の位置。右の最高地点が八幡平山頂。左の低い所が八幡沼。
源太森への登り


27日、源太森山頂の標柱
源太森山頂


27日、茶臼岳山頂に着いて後続を待つ。視界が悪く展望は出来ない。直ぐ下の斜面も見えない。
茶臼岳山頂



27日、茶臼山荘から出発するために準備中の様子。この後は写真を撮る余裕がなかった。
茶臼山荘


28日、陵雲荘から八幡平山頂経由で下山する。写真の小屋が陵雲荘。その右が八幡沼。更に後方のスカイライン中央左寄りが源太森。
陵雲荘からの出発

28日、下山途中休憩していたら、日が指して雪面がキラキラしていた。雪の結晶が見えるというのでマクロモードで写真を撮ったら、結晶模様が写っていた。
雪の結晶


28日、天気も良く、家に帰れるという気持ちもあって、みんな元気に下ってくる。能代高校の生徒が、スキーで下る私に一生懸命ついてくる。「帰れるから・・・!」っと嬉しそうに返事をした。良くわかる!
ふけの湯温泉への下り

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

水沢山を越え能代市の最高峰(羽後)焼山へ

2010年3月17日(水)
nariyuki氏が今日しか空かないというので朝2人で出発。
水沢ダムサイトに車を駐車してスノーシューを履いて8時半出発。林道を進み9時5分林道から水沢山への斜面に取り付く。時々雪交じりの強風が吹き抜けていく天気。nariyuki氏は快調に結構なペースで登って行く!スノーシューはMSRのデナリアッセント。軽くクランポンもしっかりしていてクライミングサポートもあり、今日のような硬い雪でも快調に登って行く。一方、私のスノーシューは10数年前に購入したアトラスのハイエンドモデルだったのだがクライミングサポートも無く結構重い。クランポンの形状もイマイチのようだ。nariyuki氏がそれを見て新しいのを買ったら!っと私の気持ちをあおる!
急斜面に何度も喘ぎ、10時58分水沢山山頂(822.2m)に着く。この先は2人の気持ちはお互い複雑であった・・・焼山まで行けるかな?nariyuki氏は結構早い時間で往復出来ると言うが・・・私は往復3時間と考えていた。私の体力を元に計算した時間だ。休憩して11時8分焼山へ向けて出発。ピークを越え、やせ尾根を越え、11時半頃最低鞍部(約720m)を通過して進む。どこまで行けるか?お互い自信はなかった。それでも順調に進む。相変わらず雪が硬い。12時26分焼山山頂手前のピークに着き休む。ここに着いた時には、2人の気持ちは、会話しなくても焼山へ行くことが当然になっていた。やせ尾根で苦労して13時6分焼山山頂(963.1m)に着く。次郎左衛門岳や二ツ森、泊岳、藤里駒ヶ岳が良く見える。昼食をとろうとするが風が強く寒い。適当な場所を探すが仕方なく13時16分戻ることにする。
やせ尾根を戻り13時40分焼山山頂手前のピークに戻り昼食のおにぎりを食べる。13時54分出発して859mピークをトラバースして進む。次第に疲れを感じる。時々展望が開け周りの山々が良く見えるようになる。15時6分ようやく水沢山に戻る。小休止して15時16分下山開始。急斜面はスノーシューが不安定だ!急斜面の雪面をガーッと滑る。水沢山の下りでnariyuki氏がガーッと滑り転倒!そのまま崖っぷちまで!!!オー止まった!冷や汗もの!その後私がガーッと滑り転倒してブナの木に当たって止まる。スノーシューよりしっかりしたアイゼンの方が良いが、持ってきていない!安全な斜面を探しながら慎重に下山する。16時25分林道に降りてホッ!アー疲れたな~!林道歩きながらの会話。ダムサイトに着いたのは17時。8時間半のアルバイトになった。車に荷物を積みながら、疲れているのに、今度はどこに行こうか?っと言う会話になっていた。お互いの車に乗って出発。私は向能代のローソンに寄ってビールとおでんを買って帰宅したら、野暮用が待っていた~!
詳しい事は山へ行こう!のサイトをご覧ください。コース地図もあります。



写真を追加しました
時々ジョギングしている米代川の堤防から撮してみました。サムネイル表示にしているのでクリックして大きく表示して見てください。小松崎山と大倉山の位置は自信がありません!後で地図を見て方位同定をして間違っていたら訂正しますが、正しければそのままにします。
焼山方面


水沢山山頂。これから行く稜線を見るが、吹雪いて良く見えない。
水沢山山頂


最低鞍部への下りの手前。その先の尾根がよく見え始める。写真の尾根の更に先が焼山。
最低鞍部


焼山山頂に着いて尾根の先の展望を楽しむ。「1990年に次郎左衛門岳から来て、ここを通過してこの先へ行ったんだよなー!」っとしみじみと会話する。
焼山山頂


こんな暴れたナイフリッジもある。ちょっと苦労する。ザイル持ってくれば良かったな~!この写真は戻る時のもの。
ナイフリッジ


焼山から戻りの途中、危険なリッジを通過して、更に雪庇の尾根が続く。この先のピークは焼山山頂手前のピーク。
雪庇

水沢山山頂へ戻り展望が良くなる。焼山方面を見る。写真の左側へまわり、前方の尾根を左から右へ進み、写真前方へ向きを変えて進むと焼山山頂に着く。
水沢山から焼山方面

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

またも安比スキー場へ

2010年3月15日(月)
またもや安比スキー場へ!
今回は長男と2人で・・・ところが、スキーで前回一緒したkudot氏父子と出会う!
ゲレンデは気温が上昇し、徐々に雪が腐っていく!それでも5時間券で十分楽しむ。
さっぱりテレマークは上達しない!
ゲレンデには成城学園の生徒達の姿が沢山!確か、前は兵庫工業高校の団体さんがいたはずだ。
安比もずいぶん全国区になったものだ!
でも、いつまで雪が持つのかちょっと心配になった!


ザイラークワッドリフトに乗って空を見上げたら、飛行機雲が!下層の雲にその影が映っていた。天気が下るようだ!
飛行機雲


4時に近くなり、最後はオオタカコースから白樺ゲレンデまでGO!
オオタカコース

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

期待し過ぎた田代岳

2010年3月12日(金)
高気圧が移動して来るぞ!天気が良くなる!どこへ行こうか?
午前中は日本海側の北部に雲が残るという予報。南風も強くなるという。
うむむどこにしようかな?風が強いと森吉山は石森付近がネックかな?少しはイージーな田代岳にしよう!
風が強かったら九合目の雪田で引き返せば良い!
大広手登山口に車を置いて9時50分出発。
夏道の通りに進み、最初の小さな徒渉点を通過して夏道を離れ、左の小さな尾根に取り付く。あとは徐々に急になる斜面を登るだけ。特に標高760mから910mまでの急斜面は苦労した!雪面は結構深い所やガチガチの上にフワーッと雪が少し乗った所など様々だ。硬い雪にエッジを立ててもザーッと流されたりして前に登った時より、かなり苦労して登った。硬い雪の急斜面には手こずった。時間もかかった!
斜度が緩くなって順調に登り12時17分九合目雪田に着いた。急に風が強くなる。風に揺さぶられながら山頂ドームを登り12時33分山頂神社に着いた。
神社の入口がしっかり閉まっていない!凍った雪を砕き入口がしっかり閉まるようにするまでしばらくかかる。
G3のビンディングも凍ってツアーモードから解除するのに手こずる。五十嵐氏の言っていた通りだ。
これより風が強くなればスキーもままならない!12時55分下山を開始。
山頂ドームの下りはガチガチの雪面。風にあおられながらの斜滑降。雪田に降りてホッ!
雪田下部を巻いて、いつもの東北東に延びる尾根へ向かう。低層の雲は取れない!時々ゴーッとブナの樹が風で唸る。
標高1000mまで下り風が弱くなったので、13時20分昼食を食べることにする。お湯を作りカップヌードルを汁代わりにおにぎりを食べる。日が指してきてゆっくり過ごす。時々ゴーッと風が吹き抜けていく。雪が舞いザックなどが白くなる。ザックを背負い14時10分下り始める。スキーをうまくコントロールできない。八幡平の焼山でテレマークスキーの自信を無くしたまま、立ち直れなくなってしまった。今日もステップ板を履いて来たがヨタヨタとしながら14時43分下山してホッとした。厚い雲が取れて空が明るくなってきた。
詳しい事は山へ行こう!のサイトをご覧ください。コース地図もあります。



写真の手前の尾根から右の方に進み、右の尾根に乗る。更に正面に見える斜面に登って行くと斜度が急になってくる。
登りの斜面

ようやく山頂ドームが見える。予想した天気より悪い!雲が厚く風が強い!
山頂ドーム

ヨロヨロと風にあおられながら山頂に着いた。底にはいつもの風景があった。
山頂の鳥居と神社

スキーでベンチを作り、雪を溶かしてお湯を作ってカップラーメンとおにぎりを頬張る。安らぎのひとときだった。
昼食

かなり下ってから見たら、大広手の夏道の上部にある杉林の上の斜面に、小規模ながら底雪崩の跡が!
今日、蔵王で雪崩で1人行方不明と!怖い!怖い!
雪崩

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

安比スキー場にも大量の新雪が!

2010年3月10日(水)
さあ出掛けるぞ!っと早朝目が覚めて外を見たら・・・!!!
雪がなかったアスファルトの上は一面の雪!慌てて除雪!ふっ(^^)/
さあ出掛けるぞ!能代から大館へ除雪無しの道をボコボコっと!
大館で合流しGO!安比について更にもう一人合流!
ワー新雪が沢山!これは苦労して来た甲斐があった(*^_^*)!
多少底にガリガリ感を感じながらもフワー!フワー!っと快調に心地良い疲労感を感じながら楽しんだ!
山もきっと!・・・(^^)/

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

大倉山(標高721.7m:能代市)へ

2010年3月4日(木)
昨年同じ季節に、小松崎山や小滝山に登った時、見栄えのする大倉山に行ってみたいと思った。
今回挑戦してみる事にした。友人を誘ったが、前日秋田青森県境の大鉢流山に行ってきたとの事で、単独行となった。
登りの道(登山道は無いと思う)の状況がわからないのでスノーシューにした。
朝、能代の自宅を出発し国道7号線の二ツ井西トンネルと二ツ井東トンネルの間にある交差点(種梅入口)を種梅方面(県道202号線)へ進む。道なりにどこまでも進む。やがて家もなく寂しい道になり、更に未舗装の狭い道になり間もなく、右に種梅川に架かる橋(橋には「はるよしはし」とひらがなで書いてある)に着く。橋のたもとに車を駐め準備する。
橋を渡らずに、「岩家沢支線入口」小さな看板があり、8時50分出発する。林道は除雪されたあとに少し雪が積もった状態。つぼ足でも行けるが、疲れるのでスノーシューを履く。
長い長い林道が続く。間もなく林道法面の上方を猿が一匹私と平行に歩いているのを発見。少ししてから姿が消える。その後、前方にカモシカが立って私を見ているのを発見。足を止めたら、しばらくにらめっこ!歩き出したら沢へ降りて行った。「岩家沢支線3km」の看板があって間もなく林道の分岐点。ここからは林道を除雪した形跡はない。
2つ目の林道分岐点を通過して少し行くと、立派な橋を渡り岩家沢の左岸に渡る。渡った所に「一番沢」の看板がある。ここから左岸をほぼ直線的に進む。遠く山頂部が見え始める。
暑くて汗を流しながら、右の斜面からの小さなデブリを沢山越えながら林道を進む。思ったより雪は少ない。
「岩家沢支線5km」の看板を通過して10分後くらいに尾根に突き当たり左右に林道が分岐する地点に着く。尾根への取り付き点を探しながら左へ尾根を巻き10時38分林道上で休む。
どこからどの尾根に取り付くか考え、10時45分決断して沢に入る。雪から雪へジャンプしたり、雪に腰まで埋まってもがいたりしながら沢に入り、尾根への取り付きやすい所から尾根へ向け登り、尾根の上に乗る。杉林の尾根は結構急でスノーシューとストックではは不安定なため、杉の枝を頼りにしながら登るが折れやすい。やがて傾斜が緩くなり展望が良くなる。上部の尾根が見えホッとする。右から尾根が合流し杉林からブナ林へと変わる。標高550m付近の尾根に乗り気持ち良く進むが山頂部が近くなると急斜面になる。硬い雪の表層に積もった雪が良く滑り危険だ。下りは要注意だと思いながらステップを作ったり、枝に捕まったりしながら踏ん張って頑張る。
ようやく12時ちょうどに山頂に着く。ブナ林の山頂は思ったほど展望が良くない。でも、森吉山や森吉山の左に秋田駒ヶ岳、そして田代岳、八幡平、岩手山等が確認できる。小滝山は直ぐ下に見える。小松崎山は尾根が邪魔になって見えない。直ぐ近くに焼山(羽後焼山)がよく見える。昼食のおにぎりを食べてゆっくり過ごす。暑くてアウターレイヤーはいらない。偵察の結果、下りは山頂から南西の尾根を下り、広い沢を渡って登って来た尾根に戻る事にする。
12時30分下山開始。尾根を下って、少し尾根の先まで足を伸ばすが小松崎山は明確に確認できなかった。戻って広い沢をトラバースして登ってきた尾根に乗る。あとは下るだけ!時々立ち止まって展望をしながらグングン下り、最後の沢で雪にはまってもがいて13時20分林道に出る。日の当たる所で休む。さあ長い長い6km近い距離の林道歩きだ。無心になって単調な林道を歩いて少し雲が出てきて15時5分駐車していた車に着く。
片付けて車に乗って出発。国道に出てきみまち阪へ向かい、コンビニでアイスを食べる!うまい!ガソリンを入れ、18時からの飲み会に間に合うよう自宅へ向かう。
詳しい事は山へ行こう!のサイトをご覧ください。コース地図もあります。



今回歩いた林道は写真の前方の林道。右は直ぐ橋。この橋を渡って進むと藤里町の方へ行く事が出来る。小滝山へも右へ行く。
スタート地点

猿を見てから少しして、カモシカ(緑の矢印の先)と少しの間にらめっこ!この辺は除雪した跡が残っていた。
カモシカ


写真の立派な橋を渡り岩屋沢の右岸から左岸へと渡る。林道と地形図の「岩屋沢」の名前の文字が違う。林道は「岩家沢支線」となっている。
橋


岩屋沢の左岸を進むと山頂が見え始める。写真の中央三角錐のピークが山頂部。
山頂遠望


林道から尾根への取り付き場所の写真。取り付いた尾根は、沢の右にある杉林のある尾根。一度、写真の右にある雪が溶け地面が見える斜面の裏にある沢に入り、沢を進んでから左の尾根(杉林の尾根)に登る。
取り付き点

杉林からブナ林になり、尾根の上を登って行くと山頂部が見え始める。
山頂近傍

山頂には看板も何もない。三角点はあると思うが雪の下。山頂から見た小滝山。小滝山は標高にして90mほど低い。
山頂から見た小滝山

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード