新しい道を探しに房住山へ

2009年11月26日(木)
こんなに天気が続くものなのか!房住山へ向けて午後から出発。
masamsaさんのアドバイスで房住山の山頂直下からの道もある!っというので探しに出かけた。
林道井戸下田線を進み、神社下の駐車場に車を駐車。14時頃に出発して林道をそのまま進む。この駐車場までは舗装された道だが、ここから先は未舗装の林道になる。しばらく歩き、前方に山頂の展望台が見え登山道入り口が近づいたなっと思い、斜面を観察しながら進む。山頂から西に延びる尾根を巻いて林道は下りになる。尾根を巻いてから500m程歩いただろうか?さっぱり登山口がわからない!標高差が100m程しかないからヤブこぎでも登れそうだが無理をせず、戻ることにする。さっきの尾根を巻いて戻っていたら何かモーターのような音がする。ちょっと上をのぞいたら、うむむ登山道かな?少し登ると配電盤・ポンプ・貯水槽がある。その先に道だ!「ここだったのか!」あとは急な斜面をただ登るだけ!この急さは台倉の坂(ババ落し)冒険コースのようだ。展望台脇に出た。「そうか!ここに出るのか!」masamsa氏に感謝!展望台で夕焼けを楽しみ、尾根の上の登山道を駐車場へ向かうことにして戻った。車に着いたら薄暗くなっていた。房住山は今年最後かな?まだ来れるかな?


林道から山頂展望台を望む!
林道から山頂展望台


林道からの登り口。古い切株の上の方に四角い箱のようなものが見える。ここまで登るとポンプや貯水槽がある。この左へ登山道が伸びて、写真前方の尾根の上に乗り、右手の方へ急斜面となって続いていた。行く時には見逃してしまった。
登り口


この斜面!お!山頂だ!
山頂展望台


尾根の上の登山道を戻りながら写真を撮る。手前の光っている所が八郎潟残存湖、その向こうが日本海。秋田石油備蓄基地の防波堤が見える。手前のシルエットになっている山は天瀬川の高岳山だろうか?
夕焼け

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

久々の白神岳

2009年11月24日(火)
この好天は逃されない!高気圧が東北地方を覆う!白神岳へ行こう!
国道101号線から右の登山口へ車で登りかけたら猿が1匹国道へ降りて行った!
私と私の車以外、誰もいない車もない登山口駐車場を9時出発。空はぬけるような青空。
雪はない!汗ばむ。少し重装備だったかな?二股分岐から当然二股コースへ。2回の渡渉を終え、二股でひと休み。急斜面をいつもよりゆっくり確実に登り始める。今回は雪を想定しストックを持ってきた。872mの標高点が近くなって、ようやく登山道も雪になる。標高点でひと休み。山頂部は真っ白だ。山頂近くなって喘ぐ。誰もいない山頂に12時頃到着!3連休に登った人が多かったのか、雪の上にトレースがしっかり残っていた。展望を楽しむ。最も遠くが見えたのは、岩手山だった。八幡平の上にひょこんと頭を出していた。肉眼では自信がなかったので、一眼レフのデジカメのズームレンズで望遠(200mm)にして確認した。快晴無風!この時期にこの天気は・・・望んでもなかなか叶えられるものではない。おにぎりを食べ、下りはマテコースを下る。駐車場には15時近くになって着いた。
詳しくは山へ行こう!のサイトをご覧ください!


いつもの二股での渡渉。2度目の渡渉は、写真の手前から向こうへ渡ることになる。
二股


山頂直下でのミネザクラの枝に付いた霧氷。青空をバックにキラキラ輝いていた。
霧氷


山頂のベンチ、標識、山頂小屋、トイレ、向白神岳、岩木山・・・いつもの光景だ!
白神岳山頂


岩木山をアップで撮るとジグザクに登っていく車道が、山頂左側下にはっきりとわかる。
岩木山遠望


マテへの尾根と右に岩崎と艫作岬が見える。
岩崎艫作方面


葉の落ちたブナ林も日を受けて光っている。
ブナ林

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

初めてのコースを歩いて房住山山頂へ

2009年11月18日(水)
パラパラと雪が落ちる天気だったが出かけてみた。

masamsaさんから教えていただいたコースを歩いてみた。
いつものコースと違い、県道37号線沿いの小新沢の集落から左折して県道314号線に入る。ほとんど林道状態の県道だ。途中分かれ道があるが何とか能代市二ツ井と三種町(琴丘)との境界の峠に着く。ここがmasamsaさんの言う「ドッケ」なのだろうか?
ここが登山口になる。車は2台ほど駐車できる。登山口には「番外八愛染明王」の石像がある。
標高200mから300m程の尾根の上を進み、標高300mを越えるとやがて寺屋敷跡に着く。途中、下の沢の方から伐採のチェーンソーの音が聞こえた。あとは急斜面を登り主稜線を山頂へ進む。1時間と少し歩くと山頂に着いた。寒い!いよいよ雪のシーズンだ!
登山口出発が14時頃だったから急いで下らないと!っと思いながら観音様をひとつひとつ写真に撮りながら下った。寺屋敷跡への下りは滑る~!270mの尾根付近で動物の気配?登りも下りも同じ場所!なんだろう?16時を回って、途中から薄暗くなり先を急ぐ。
車に着き靴を履き替え、暗闇の中をヘッドライトをつけて、水溜りが沢山ある道を小新沢の集落へ急いだ。
県道を濁川から二ツ井を通って帰ろうかと思ったのだが、暗くなったので諦めた。いつか通ってみよう!

登山口を二ツ井側から小新沢側(北から南)を写す。前方の左が登山口。登山口の案内は何もないが番外八の石像がある。
登山道入り口

登り始めて間もなく、尾根の上から山頂の展望台を写す。
房住山山頂方面

山頂の展望台。南側(太平山方面)を写す。展望台の床は写真の通り雪で白くなっていた。
山頂小屋

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

七座山から倉山へ⇒七座山から鞍山へ

2009年11月16日(月)

「山の大先輩からコメントをいただきタイトルを修正!」


FOJIさんのブログ
を見て、FOJIさんから情報を得た倉山(⇒鞍山)へ行ってみる事にした。
二ツ井町の仁鮒から猿田沢登山口へ行き七座山山頂まで登る。写真を撮りながらでも約30分で山頂に着く。比較的山頂に近いコースだ。山頂のノートには、昨日の大嵐の中、元旦登山に向けて二ッ井山の会のメンバーがコース整備などを行ったとあった!ご苦労様でした!
山頂から戻り、権現様のある方のコースを下る。急斜面を下り権現様の方(左折)へ行かないで直進する。少し笹もあるが十分立派な道になっている。そのまま道なりに進む。2万5千分の1の地形図には一部道が載っている。最後ヤブ漕ぎをして倉山(⇒鞍山)の岩壁が見える所まで進む。写真を撮って引き返す。登山口に戻ったら4時を少し回っていた。薄暗くなりかけていた。

猿田沢登山口から上流を撮す。右側のピークが七座山山頂付近になる。この左岸(右側)が登山道になっている。
猿田沢登山口

沢から離れて登って行くと途中にこのような岩がある。ボルダリングが出来そうだ!高さは3mくらいある。この岩の手前にもっと面白そうな岩がある。ボルダリングをするにも下の方の岩が良いと思う。少し高いのでトップロープで確保する必要があるかもしれない。
大きな岩

倉山(⇒鞍山)の東面側が近づいた所で岩壁側へ杉林の中を進み、最後少しヤブ漕ぎをして、岩壁が見える所まで出た。写真は余り良くわからないが、地形図では高さが50m~70m位ありそうだ。結構面白そうな壁だなっと思いながら、来た道を戻った。いつか登ってみたいな!来シーズンかな?でも、ザイルパートナーが?
倉山の岩壁

上の写真のアップ写真!天気が悪く写真写りも良くない!
倉山岩壁アップ

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

newPCの組み立て

2009年11月15日(日)
デジカメで写したRAW形式の画像処理をしようと思ってCaptureNX(画像処理ソフト)を
使っていると、時々フリーズしていたので、それ相応のスペックのPCが欲しかった。
それが今回の新PCの組み立てのきっかけだった。

各パーツは
マザーボード:ASUS P7P55D EVO
CPU:Core i7 860
CPUクーラー:COOLERMASTER Hyper212Plus
メモリー:CORSAIR xms3 DDR3(2GB×2)×2=8GB
グラフィック:ELSA GLADIAC GTS250(NVIDIA GeForce GTS250 512MB)
ハードディスク1:HDP725050GLA360(500GB)
ハードディスク2:HDS722020ALA330(2TB)
電源:Antec EarthWatts EA-650
ケース:Antec SOLO BLACK
ドライブ:Pioneer BDR-205BK/WS (バルク)
カードリーダー:Links FD-321F/T61UJR-3bezel
OS:Windows7 Professionl 64bit(DSP版)
他ケースファンなど

パーツのほとんどはクレバリーe-ショップから購入
他に秋田・弘前・盛岡のパーツショップを回り確認したり、購入したりした。
盛岡ではHYUNDAIの液晶モニターW241DG(Glare Panel)の展示品を安く購入。
思いがけない買い物だった。この液晶パネルはipsパネルという事で静止画等の表現に
優れているらしい。

組み立て終了し、OSをインストール。あとは現パソコンからの様々な設定の移行を
しなければならない。フルに使えるようになるのはもう少し時間がかかりそうだ。

ケース内部の写真を1枚公開します。
手前にグラフィック、その奥にCPUクーラー、その右にメモリー、奥に電源が見える。
このケースは、HDDの取付方法が2種類あり良くできています。写真の下になっている
サイドパネルの後ろに隙間があり線の取り回しが楽である。サイドやのトップのパネルには
プラスチックが貼り付けてあり非常に静かで気に入りました。
newPC20091115

theme : ハードウェア
genre : コンピュータ

房住山のコース確認へ

2009年11月12日(木)
今回は房住山の山頂より北側のルートを調べておきたかった。いつもより少し早めに出発。井戸下田林道から入り、駐車場に車を駐めて12時10分出発。台倉の坂の冒険コースを登り、いつもの通り40分ほどで山頂に着き、昼食のおにぎりを食べた。
寺屋敷へ向けて出発。標高400m程のピークを数個通過して急斜面を下ると薄暗い寺屋敷だ。更に、二ッ井側の登山口へ向かう。少しヤブ気味になって登山口の金山林道に下りたが・・・?
金山林道から登り返して寺屋敷に戻り、今度は県道濁川上岩川線へのルートを途中まで進む。しかし、時間切れで寺屋敷に戻り、急斜面を登り16時近くになって山頂へ戻る。日没まであと30分!急ぐ事にする。ところが台倉の坂の手前の尾根から右の林道へ下れそうな道があったので思い切って下る。こんな判断をすると、いつもはヤブ道になったりして失敗するのだが、今回は無事に林道に出た!
あとは林道を進むが薄暗くなったので最後はジョギング!薄暗くなった駐車場に着いたら、隣に電気工事会社の車が駐まっていた。エンジンをかけたまま運転手ひとりが乗っていた!気持ちが悪くてそそくさと帰る準備をして帰ろうとして運転手を見たら携帯をいじっていた。ウムム!ここは圏外ではないのかな?こんな所で何しているんだろう?山仲間が車上荒らしにやられているので気になった!

寺屋敷にある案内の看板。古くなって朽ちかけている。ここは薄暗く本当に寺があったんだろうかと思うほどだ!
寺屋敷

二ッ井側の金山林道に着いたが・・・案内の看板は写真のように倒れていた。標柱がかろうじて立っていた。この辺の道もヤブとなりつつある。ほとんど人が登っていないような気がした。
二ッ井側の登山口

登り返して房住山山頂に着いたら鳥海山を遠望する事が出来た。昼には見えなかったのだが・・・
鳥海山遠景

前回乗り越えた杉の倒木は、このようにスパッと切られて登山道が確保されていた。地元の房住山に対する思いが感じられた。
登山道の倒木

登りの尾根コースを戻らず、道があったので尾根の途中から林道目指して下る。下った林道から尾根を撮す。写真中央より少し右の尾根の位置から下りはじめ、大きくジグザクに下り、写真の林道脇のススキの少し薄くなった所へ出た。何の道だろう?
林道に下山

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

冬枯れ間近!七座山

2009年11月10日(火)
雨が落ちてきそうな空だったが11月初の七座山へ出掛けてみた。
木々の葉が落ち登山道からの見通しが良くなった。今日のタイムも平凡な41’44”だった。少し滑る所もあり、下りで一度滑って転び泥だらけ!になった。

さて、登り始める前、いつも車を駐めている所(少し天神寄りの所)から歩きながら松座の登山口に近づいた。崩壊しそうな岩の壁を見上げたら、壁の結構高い位置に蜂を捕るための物か?ペットボトルが何個か吊り下げられていた。どうしてあんな所に?っと思って良く見たら、その下に鳥居が見える。何だろうと思ってヤブ(草木が枯れて少し楽になった)を登ってみたら、下の写真のようにしっかりとした古い鳥居があった。
七座山鳥居1

更に、下の写真のように鳥居の中心に書かれた消えかかっている文字?「ね明神」か?
七座山鳥居2

そして、鳥居の前方上の壁に下の写真にあるネズミの置物が?えっ!何これ?どうしてこんな所に?っと不思議な気持ちになった。そんな気持ちを抱えたまま松座登山口から登り始めた。
七座山鳥居3

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

中野邸(新潟)に立ち寄ってみた

2009年11月7日(土)
新潟市秋葉区(旧新津市)にある中野邸のもみじ園に立ち寄った。
明治・大正と石油採掘事業で成功し、財をなした中野家の庭園と美術館に立ち寄った。
もみじ園は4万平方メートル、もみじは2千本以上、もみじの種類は130種以上の庭園である。時間が無くもみじ園全コースを回る事が出来なかった。中野美術館は見たが石油の世界館も見る事が出来なかった。

中野邸の邸宅の庭に面した廊下から庭の一部を撮した写真
中野邸1

もみじ園入口近くにあった石灯籠。コースは右手に見える石垣の所にある小川の橋を渡り右斜面を登って行く。
中野邸2
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード