七座山の紅葉もそろそろ終了か?

2009年10月29日(木)
時間が空いたので七座山へ出掛けた。
車の横で登山靴を履いていたら、5、6人のグループが松座登山口に下山してきた。私より少し年齢が上か?皆さん高そうな服やザック!ビシッと決まっている。舗装道路を歩いて天神荘跡付近に駐めた車へ向かって行った。
私は準備していつもの通り喘ぎながら登った。今日のタイムは41’16”と平凡!
山頂から松座の方へ戻りながら、紅葉を楽しんだ。

箕座展望台からのいつもの風景。霞んでいるが対岸のきみまち阪、太平山、薬師山も紅葉真っ盛りか?
七座紅葉0


以下、七座山の本日の紅葉写真5枚を楽しんでください!1枚目が箕座展望台脇の楓、以下箕座から松座にかけての紅葉した楓の写真です。3枚目の写真は登山道を埋めた落ち葉です。
七座紅葉1
七座紅葉2
七座紅葉3
七座紅葉4
七座紅葉5

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

急に栗駒山へ行くことになったが・・・

2009年10月22日(木)
前日、夕食を食べながらの話で、急に栗駒山へ行くことになってしまった!
来年、家内が姉妹と行くために「事前に一度行って来たい!」という話は聞いていた。
それが山へ登ると言い出す?えっ!っと思いながら登山の準備をする。ふっ(-_-;)

十文字ICから、懐かしの稲庭(若い時4年間住んでいた)や小安を通って須川の登山口へ着く。
風が強く山頂方面は雲の中。おー寒い!
準備をして登り出す。間もなく「山頂までは行かないから・・・」っと言うので、説得するが無理!
昭和湖で休憩してから下り始める。途中から剱岳下部を回り、賽の磧を通って須川の登山口へ下山。
登る人や下ってくる人、途中で諦める人、結構沢山の人がいる。
私は欲求不満!ザックを重くしたのだが汗もかかない!寒い!
栗駒山荘の温泉に入り、露天風呂から霞んで見える鳥海山を遠望して少し満足。

帰りは、東成瀬村を通って十文字ICへ。
標高1000m以下が紅葉していた。特に標高500m~800m付近、赤滝の前後が紅葉真っ盛りであった。

栗駒山荘の背後に栗駒山。雲に隠れて山頂部は見えない。下って来た人の話だと、ガスって何も見えなかったということでだった。この辺の紅葉は終わっていた。
栗駒山と栗駒山荘


東成瀬側に下る途中の国道342号線から振り返る。紅葉した樹の間から見えるのが秣岳。稜線を左にたどると栗駒山。樹の陰で良く見えないが、まだ雲の中だった。須川からは焼石岳が良く見えていたのだが!
秣岳遠望


もう一枚おまけの紅葉写真!国道342号線の谷地付近の紅葉。
谷地付近の紅葉

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

荒天の七座山

2009年10月20日(火)
雨が降ったり、風が強くなったり、雷が鳴ったりと不安定な天気。こんな時の山も良い!
えっ!っと思う方もいるかもしれませんが、そうでもないのです。特に一日いっぱい歩くわけでもないし、せいぜい2時間ですから。今日は雨具も使用しませんでした。是非、低山で試してみてください。あ~!クレーム無しですよ!
ドーッと雨がきた時には大きいな木の下で雨宿りをしました。ただ、斜面が滑り、何度も転びそうになりました。
今日のタイムは42’48”と平凡なタイム。まあこんなもんでしょう!これがアベレージかな?

箕座の展望台から米代川の上流方面。前方で川が左から右へカーブしていくあたりで、右から合流してくるのが阿仁川です。この合流地点は良く洪水があった所です。
米代川上流


箕座展望台から真下にあった楓を撮してみました。天気の関係で色合いは良く写りませんでしたが、今週末にはもう紅葉は終わりそうです。登山道上には枝が沢山落ちていて、その枝を寄せながらの歩行でした。風もあり、紅葉した葉が落ちてしまいそうでした。
紅葉

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

神室山系の火打岳・小又山へ

2009年10月15日(木)
2001年5月22日崩壊しかけていた神室山避難小屋に泊まった時、夕方滝雲の上に頭を出した小又山と火打岳を見て、いつかこの山へと思っていた。下の写真がその時撮った写真。左が小又山、手前中央が天狗森、右奥が火打岳。
神室山から小又と火打

今回それを実行することにして出かけた。能代市の自宅から国道7号、13号と進み山形県新庄市の手前泉田周辺から左折して土内渓谷(土内川上流)を目指す。道は狭くなり未舗装の道になると間もなく火打岳新道の登山口(大きな吊り橋がある)に着く。

6時6分吊り橋を渡って出発。
今回のコースタイム(途中の休憩時間を含む)
登山口→(火打新道)2時間12分→火打岳
火打岳→1時間41分→小又山
小又山→1時間45分→火打岳
火打岳→(火打新道)1時間35分→登山口

案内の看板には、火打岳の登り3時間20分、火打岳と小又山間が3時間とあったが、それ程でなかった。少し余裕を持った時間かと思う。

急な斜面を何度か登り、高度を増すと展望が良くなる。朝の鳥海山が見えた。右には丁山系だ。元気が出る。
鳥海山が見えた

火打岳山頂に着く。ここには一等三角点がある。下に見える尾根の前方から登り、途中からこの尾根に取り付く。鳥海山もまだ見えた。丁岳や甑山も見えた。
火打岳山頂

案内には火打岳から小又山まで3時間とあったが、1時間41分で着いた。しっかり刈り払いがされた道だった。所々痩せ尾根になって北アルプスの尾根歩きような感じがした。小又山山頂には三等三角点がある。神室山系の最高峰だ。神室山より1m50cm高い。
小又山山頂

小又山山頂からの展望写真。神室山山頂から見た時と少しずつ位置がずれている。加齢による目の衰えにもかかわらず、虎毛山と高松岳の小屋がポツンと見えた。高松岳の山頂と焼石岳の山頂はほぼ重なるが、写真では焼石岳を左にずらして示した。
小又山からの展望

小又山から神室山へ行くかどうか迷った。地図を見て、地元の情報による時間計算をして、大きく迷った。火打岳へ戻る時間と神室山へ行く時間がほぼ同じ。火打岳から下る時間に対し神室山から土内へ下る時間が約2倍。そのためもあって・・・うむうむ?(?_?)・・・小又山の山頂に40分も滞在することになった。日没が早いということを理由に自分に言い聞かせ、火打岳へ戻る往復コースにした。(-_-;)
その結果、火打岳への最後の登りが待っていた。砂利口への分岐を過ぎて間もなくこの登りになる。山頂は手前から3つ目のピーク。もうバテバテだった!
火打岳への登り返し

火打岳へ戻り、振り返るとこの展望が開けていた。日が差すと神室山山頂にある避難小屋が白く光って見えた。新庄市や金山町のサイトを見たら、工事期間が平成22年11月30日となっていた。完成したらサイトにて知らせるとあった。あとは、ドンドン下り登山口に1時間半余りで着いた。着替えてから奥の砂利口や土内口を見に行こうとして、車で林道を進んだら砂防堰堤工事で通行止めとなっていた。国道に出て、金山町のコンビニで車を止めて食べたアイスクリームはこの上なく美味しかった。
火打岳山頂からの展望

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

八幡平へ紅葉刈りに

2009年10月12日(月)
そろそろ八幡平大沼付近は紅葉真っ盛りかと・・・8人が2台の車に分乗して出かけた。
まず、大沼をパスして山頂へ。思ったほど渋滞もなく山頂駐車場へ駐車。駐車料金410円。
鏡沼・メガネ沼と通過して山頂展望台。オオシラビソが多いため紅葉は余り見られない。ナナカマドは葉が落ち赤い実だけが付いている。山頂からガマ沼・八幡沼展望台と通り、見返り坂から駐車場へ着く。寒い!気温は4℃。
山頂駐車場から岩手山を望む写真。
岩手山方面


アスピーテラインを下り大沼のビジターセンターに駐車。木道を歩いて大沼を1周。紅葉真っ盛りの大沼を散策する人、カメラを構える人が沢山いた。
大沼

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

台風後の房住山へ

2009年10月10日(土)
台風18号は東寄りにそれ、幸い秋田県は台風の西側になり、余り被害もなくホッとした。
寒気がおりて来ているという気象予報に、雷雨を予想してたが、朝からカラッと晴れたので出かけることにした。7月下旬以来の房住山になった。
昼を食べてから自宅を出発。観音橋から13時過ぎ登り始める。アレ~綺麗に刈り払いされている!房住山に対する地域の思いだろうか・・・嬉しい刈り払いだ!
清々しい天気に順調に登る。天下森は帰りに寄ることにして分岐を通過。房住神社への道との分岐も過ぎ、ブナ林の尾根を進み小さなピークを越えて登り始めたら大きな犬を連れたご夫婦が下りてきた。今年4度目の房住山で初めての人との出会いであった。そういえば今日は土曜日であった!
間もなく杉の大木が倒れて登山道を塞いでいた。幹の直径は1m以上はあるだろうか?西側に向かって倒れていた。台風の風で倒れたのだろうか?もったいない!
倒木

山頂までいつものペースで登って56’55”であった。展望台で少し休み、もう少し先へ進むことにした。二ッ井側のコ-スは1999年(平成11年)に登ってから初めてだ。笹が刈り払いされたばかりのように敷き詰められた道もあった。山頂の次に400mを越えるピークに着いたら東側斜面の林が伐採された所に出た。ここには二十七番の如意輪観音様があった。少し展望を楽しんで、ここからUターンした。この位置から森吉山方面を撮してみた。写真の右端のピークが森吉山。左に尾根が伸びその先が竜ヶ森である。一眼レフのカメラをザックから出して覗いたら、阿仁スキー場のゴンドラ駅舎が白く光って見えた。
森吉山方面

山頂や台倉の坂、房住神社への分岐を通過して下りで寄る予定だった天下森への分岐に着き、左折して天下森に向かった。急な斜面を70m程下り、急な斜面を同じくらい登る。登り着いたところに七番如意輪観音様があった。ところが写真のように観音様の説明看板が半分焼け焦げ文字が見えない。更に右の大木が焼け焦げていた。この大木に落雷があり焼けたと考えた。先に道が続いていたので先へ少し進んだところ、ヒノキアスナロに囲まれた場所にもう一つ観音様がポツンと立っていた。何も案内の看板もなくちょっと淋しい感がした。この先に道は無かった。あとは来た道を戻り、観音橋の登山口まで戻った。心地良い汗をかき、魔法瓶に入れて持って来ていたホットコーヒーを飲みながら下岩川を通り、秋の夕闇にヘッドライトを点灯して自宅へ戻った。
七番観音

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

台風が来る前に七座山へ

2009年10月7日(水)
台風18号がやって来るというので、その前にひと汗ということで、珍しく午前中の七座山登山となった。
清々しい天気の中、心地良い東風を感じながら気持ち良く登ったがタイムは41’35”と平凡なタイム。「ガツガツ登るような歳でないな~でも体力を養うためには、イヤイヤ楽しみながら登ろう!」っと葛藤しながら登るようになってきた。心の迷いがタイムに影響してきているようだ。
それにしても午前中の七座登山も良いことを知ったので、これからの七座山の登山スタイルが変わりそうだ。

場所によっては登山道上に、こんな沢山のに栗が落ちているところもある。クマが来なければ良いが・・・!
栗

大座と松座のコルへの下りで松座を撮す。松座の左にかすかに藤里駒ヶ岳が見える。登山道はカメラの露出の関係で暗く下方に写っています。
松座への道

下山し車を駐車した付近で「きみまち二ッ井マラソン」の旗。この位置がハーフマラソンの11km付近となっていた。この右上が松座方面。マラソンは18日(日)のようだ。
きみまちマラソン

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

七座山へ清掃登山!

2009年10月5日(月)
前回がっかりして清掃登山をと考えていたので、今回清掃登山をした。
登山口へ向かう途中、二ッ井のBell(ベル)でデレッキを購入。ゴミ袋は古い能代市の物を持参。
それでも登りはいつもの通り。息切れして山頂に着いたら41’12”だった。辛いな~!

早速デレッキとゴミ袋を手にして山頂(権現座)付近のゴミを拾う。ザックを背負い下りながらゴミを拾ったが、山頂・箕座・松座登山口付近にゴミがあったが、登山道そのものにはほとんど無かった。

下山後ゴミ袋からゴミを出して撮影!このゴミは持ち帰って分別してから我が家のゴミと一緒に出します。
拾ったゴミ

箕座の展望台にいたら、暗雲が真上から田代岳方面に帯状に広がった。他の地域は日が差して明るいが、この雲の下は暗くなった。
暗雲

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

ネギそば?

2009年10月3日(土)
「ネギそば」ってご存知ですか?興味半分に頼んでみました!
出てきたのが写真のような(ほとんど食べてしまった状態)そばです。
お値段は?一杯1000円でした。フー(-_-;)

ネギはそばの上に刻んで乗っているものと思って注文しました。
出てきてビックリ!ネギが一本まるまるです。
ネギをかじりながら箸代わりにして食べる!っと言われて・・・(@_@)
私は無理だったので割り箸で食べました・・・
ネギも段々辛くなって残してしまいました・・・
さあ!どこで食べたんでしょうね?

写真は携帯で撮ったので画像が小さいです。
ネギそば


ブログに載せてから1ヶ月が経過したので正解を!
福島県会津若松から南へ車で約1時間。大内宿で食べたのがネギそばでした。
その大内宿の全景写真です。
大内宿

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード