七座山でこんなの初めて!

2009年9月30日(水)
今日もいつものように七座山へ・・・

登山口付近で自転車で来たおばあさんがトリカブトを根こそぎ採っていた。「どうするんですか?」っと声をかけたら「紫色の花が綺麗なので・・・」?「トリカブトといって有毒なんですよ!」っと話したがピンと来ていないようだった。仕方なく「どうも・・・?」っと言って、私は登り始める。

ゆっくり登り始めたが松座を通過し始めたあたりから、いつものようにタイムが気になりスピードを上げる。山頂に着いて今日のタイムは40’46”、40分を切るのは難しいなあ!っと思いながらあたりを見渡したら真新しいネギと折られた割り箸が散乱!ネギはきざんだわけでもなく使った残りを放り投げたような感じ・・・長いものは30cm程から短い物まで4本ほど。三角点の標石周辺に散らばっていた。インスタントラーメンでも食べたのだろうか?七座山でこんなの初めて見た!怒りがこみ上げる!長い間お世話になっている山、次回はゴミ袋を持参し、清掃登山をしてみよう!


箕座の展望台よりいつもの景色。幾分色づいてきたかな?登山道のアチコチには栗の実が落ちている。そんな季節になったのだとしみじみと感じた。
箕座展望台より

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

パソコン電源交換

2009年9月29日(火)
しばらく前からパソコンの電源部から異音が聞こえていた!時々プラグの接続部分からもジージーと音が聞こえるときもあった!突然再起動がかかるときもあり、電源交換に踏み切った。
昨日、弘前市の「PowerDepot」に出かけて安い電源を探したら、まあまあの性能で格安の物があったので購入。今日、早速交換したらうまく動作して、電源のファンも静かになった。

左の箱が買って来て取り付けた電源。abee社のSD-525ESE(定格出力525W)で購入価格6980円。右の電源が異音がして取り外したEVERGREEN社のLW-6500H-3(定格出力500W)
パソコン電源

theme : ハードウェア
genre : コンピュータ

八幡平!紅葉はもう少し!

2009年9月25日(金)
いつもアスピーテラインを車で上り、パスしていたルートを歩いてみた。
八幡平ビジターセンター(大沼)→大谷地湿原→長沼→草の湯分かれ→八幡平頂上→見返峠→鏡沼→蒸ノ湯登山口→大深温泉→後生掛温泉→焼山への登り標高1110m付近でUターン→(道迷い)→後生掛(大沼)キャンプ場→八幡平ビジターセンター(大沼)

歩いた距離
21km余り(道を迷ったのを含め)

標高差アップダウンは考慮無し、最初と最後の標高差のみ
ビジターセンター→山頂<登り650m>
山頂→御所掛温泉<下り630m>
後生掛温泉→焼山の登りUターン地点<登り130m>
Uターン地点→ビジターセンター<下り150m>

8時半過ぎ大沼のビジターセンターを大谷地方面へ出発して間もなく泥火山がある。しばらく留まって観察。白っぽい泥の成分は何だろう?熱源は何だろう?熱源に地下水が熱せられたんだろうが、それにしても不思議?



しばらく登り少し下ると大谷地に出る。草紅葉が進み綺麗だ!日が差さないので写真にコントラストがない。残念!
大谷地湿原


更に標高にして60m登って30m下ると長沼に出た。静かな湖畔でゆっくり写真を撮る。紅葉はまだまだだなあ!
長沼


更にフジ谷地を通過し、草の湯分岐を過ぎ11時40分頃八幡平山頂に着く。展望台に登り老夫婦がセルフタイマーで写真を撮ろうとしていたのでシャッターを押してやる。山頂は人が多くイヤになり、八幡沼とガマ沼の間を通り見返峠へ移動する。写真の左端を見るとわかるように沢山の人がいる!何だろう?
八幡沼


見返り峠のトイレ前のベンチで景色を楽しみながらおにぎりを食べる。この時は多くのハイカーの存在は気にならなかった。今日の岩手山は雲の中に隠れていた。
見返峠


この後はアスピーテライン側の登山道を下り蒸ノ湯登山口で車道に出て大深温泉へ下り、山道を2.2km程歩いて後生掛温泉に出る。焼山へ登るには時間が遅い!15時過ぎを目処にUターンと考えて焼山へ向けて登り始める。しかし標高1110m付近で時間切れ、少し休み水分補給。下って大沼を目指す。ところが澄川を徒渉してベコ谷地へ登って行ったりして、何度も道に迷いながら、ようやくキャンプ場に着き、大沼を通りビジターセンターの駐車場に16時13分着。ビジターセンターに寄り、大場谷地ルートや積雪期の柴倉岳や三方高などのルートについて聞く。この後向かいのレークインで温泉に入る。写真はレークイン前の檻に入っているツキノワグマ!山では絶対会いたくない!
ツキノワグマ

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

時間が出来たのでいつもの七座山へ

2009年9月21日(月)
急に午後に時間が出来たので、下り坂の天気だったが、いつもの七座山へ出かけることにした。
シルバーウイークとかで、アチコチの山は沢山の人出かと・・・木曽駒ヶ岳や空木岳、木曽御岳へ行こうと思っていたのも、家庭の事情で中止!近場の山も出かけられずに悶々しています。
そんな中での七座山でした。
今日は急だったのでのんびり登ろうと思って松座をゆっくり登り始めたが、朽ちかけたベンチ近くになったあたりで先を急いでいる自分に気が付き、このペースでないとダメなんだ!っと少々呆れる。
イイ歳!して何をこんなに頑張らなくてもと思いながら、40’27”の今季ベスト!(-_-)ゞ
雨が近いのか夕方にしては遠望が出来た。


本来ならば、天神側から見て七座を示さなければならないのでしょうが・・・二ッ井の街側から七座山の連なりを撮してみました。電線が邪魔ですね!
七座山を遠望


この実は羽子板の羽子のような形ー!何の実ですか?ご存知の方教えてください!生き物は不得意です~!
何の実でしょうか?

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

いよいよ秋の七座山

2009年9月16日(水)
すっかり朝夕は涼しくなり秋めいてきました。今日は曇ったり晴れたりの天気でしたが、秋の気配を探しながら、いつもの通り午後から1週間ぶりに七座山へ出かけた。
松座の登りがゆっくりだったのでタイムは気になったがベストではないと思ったが、山頂に着いて時間を見たら41’18”となっていて前回のベストタイムを7秒更新した。
箕座の展望台で感じた風はすっかり秋のさわやかな空気だった。

七座山脇を流れる米代川。8月27日に松ben氏のカヤックで下った時に船底を擦り傷付けた位置です。ここは瀬になっていて流れが速い。対岸左の大きな屋根は総合体育館。右の大きな白い建物は二ッ井中学校。その奥の山並みは高丘山で二ッ井の街や七座山等が一望できます。
米代川

マイズルソウも実を付けて秋を主張しています。
マイズルソウの実

前回登った時に刈り払いされていてビックリしたが、こんなに登山道が歩きやすくなりました。
立派な登山道

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

五の宮嶽・皮投岳・湯瀬渓谷で行われた高校生の大会に同行して

2009年9月11日(金)~13日(日)
秋田県県北地区高校生の新人登山大会が行われ同行させてもらった。
参加選手数は19人と少なくなり少し残念である。参加高校は大館鳳鳴高校・鷹巣農林高校・能代高校(男女)・能代工業高校の4校のみであった。

日程は
11日(金)鹿角市湯瀬体育館で開会式を行い湯瀬渓谷を歩いて大地平公園で幕営
12日(土)大地平公園から車で移動し、鹿角市八幡平支所スタートし、五の宮嶽・皮投岳・三倉山を通り花輪越ゴールまで歩く。その後、車で移動し大館市大葛温泉のベニヤマ自然パークで幕営
13日(日)大館市比内公民館大葛分館で審査講評と閉会式を行い大会終了

初日湯瀬渓谷の散策路を歩いてゴルジュや淵、瀬などの特徴ある渓谷美を見ながらの競技となり、綺麗に整備されている広々とした大地平公園で幕営した。
2日目はスタート地点の八幡平支所で雨が心配されたが、大降りにはならず最終チームが花輪越にゴールするまで何とか後半の小雨ですんだ。五の宮嶽と皮投岳山頂では展望を楽しむことが出来た。幕営地のベニヤマ自然パークでは全員でバーベキューを楽しんだ。
3日目は深夜早朝に雷鳴とともに大雨となりテントが濡れ大変であった。場所を大葛の公民館に移して審査講評を1時間にわたって聞き、閉会式で成績が発表され大会は無事終了した。

五の宮嶽山頂に着いて休む審査委員と選手。左奥に八甲田の山並みが見える。
五の宮嶽山頂

皮投岳山頂近くにウメバチソウが咲いていた。
ウメバチソウ

皮投岳山頂から見た五の宮嶽方面。左端の五の宮嶽山頂から右へ伸びる尾根が登山コースになっている。中央奥にかすかに森吉山が見える。
五の宮嶽と森吉山

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

雨の七座山

2009年9月9日(水)
昼には雨が落ちていたが出発。濡れるのは覚悟の上。
修理した登山靴を履いてみることにして七座山へ!
向かっている車のフロントガラスには雨がバチバチと音を立てて降っていたが、登山口に着いたら雨がやんだ。
出発して直ぐ、アレ~!登山道が綺麗に刈り払いされている。これは歩きやすい!誰が刈り払いしたんだろう?ここは国有林だから・・・?まあ感謝!感謝!
涼しくなったためか今日のタイムは41’25”で今季ベストタイム。
山頂から折り返し始めたら雨が強くなり始め、風も強くなる。箕座展望台では小降り。柴座あたりから、また雨が強くなった。まあ濡れたからカッパも着ずにこのままでっと、ずぶ濡れになって下山!

車を駐めた周辺にはツユクサやツリフネソウが沢山咲いていた。
ツユクサ

この花はホツツジだろうか?でも、何だか違うような?自信がない!
ホツツジ

登山道は綺麗に刈り払いされ立派な登山道になっていた。松座の登山口から権現座の山頂までは刈り払いされていたが、他の道は確認しませんでした。感謝感謝です!
刈り払いされた登山道

帰宅して登山靴の修理した部分を確認。しっかり接着されたままになっていた。ビブラムソールは磨り減っているがトレーニング登山には使えそうだ!
修理した登山靴

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

五ノ宮嶽・皮投岳(鹿角市)

2009年9月6日(日)
長男と2人で出かけることになった。下山後の車の移動を考えそれぞれの車2台で出かけた。
天気が良く少し暑い。花輪のアルパス脇を進み、下山地にした花輪越に長男の車を置き、私の車で登山口の鹿角市八幡平支所脇から林道を車で上り3合目まで行き登山準備をする。

10時半過ぎ出発。暑い!登山道は幅広く立派である。やがて薬師神社に着き展望を楽しむ。登るにしたがって尾根上になるが、時折フーッと風が吹き抜けると涼しい。
12時を回って山頂に着く。山頂には沢山の人がいて混雑している。やがて20人ほどのツアーの人達が皮投岳に向かって下って行った。昼飯を食べ、12時45分我々も同じコースへ向かう。あとにはご夫婦1組が残る。五ノ宮嶽と皮投岳の中間地点でツアーの人達の後発のグループを越す。間もなく皮投岳への登りになりツアー先発グループを越す。皮投岳の登りで喘ぐ!山頂の尾根に乗ったが山頂はまだ先だった。14時前皮投岳山頂に着く。山頂で展望を楽しむ。五ノ宮嶽では見えなかった岩手山が見えた。花輪越へ向って下り始める。途中スキー場への分岐がある三倉山を通り15時前花輪越に着く。
車に乗って登山口の車を取りに向かう。登山口の車に着いたら隣に見覚えのある車が駐まっていた。その持ち主に電話したら五ノ宮岳をひとりで登っているという話であった。お気を付けて!

今回のコースタイム(休憩を含む)
3合目登山口から五ノ宮嶽山頂:1時間33分
五ノ宮嶽山頂から皮投岳山頂:1時間10分
皮投岳山頂から花輪越:48分

ここまで車は登ることが出来る。数台は駐車出来るだろう。薬師神社の鳥居がある。
3合目登山口

5合目の薬師神社。この薬師神社の所から花輪盆地が一望出来る。ここには636.0mの四等三角点がある。
5合目薬師神社

20人ほどのツアーの人達がいなくなり静かになった山頂。1115.0mの二等三角点があり、その脇に「五の宮神社」の建物がある。
五ノ宮岳山頂

皮投岳山頂。1122.4mの三等三角点がある。写真のような御影石らしい石で出来た立派な物があるが天板には展望図が示されている。しかし、その展望図が45度程ずれている。残念なことだ!
皮投岳山頂

15時近くなって、ようやく花輪越に着く。車はかなりの台数駐車出来そうだ。
花輪越

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード