今季3度目の房住山

2009年7月30日(木)
朝の曇りが急に晴れだした。昼から早速房住山へ!久しぶりに雲の切れ間から太陽をを見たような気がしたが・・・
気持ち良い天気で車を走らせる。観音橋の登山口に着いて出発。さあ!頑張るぞ!雨後の登山道は幾分滑るが思ったほどでもない。山頂まで1時間を切りたかった。相変わらずの蜘蛛の巣と戦いながら59’45”でセーフ!汗でビッショリ!帽子やシャツ(長袖)は蜘蛛の巣だらけ!
登山道のアチコチでヤマジノホトトギスやクルマユリが咲いていた。登山口から直ぐの所にはヤマユリが数株咲いていた。


七座山のような天然杉の巨木もあるが、このようなブナ林の所もある。私はブナ林の中を歩くのが好きだ。
ブナ林


登り始めて間もなく路傍でヒメシャガを発見!この一輪のみだった。
ヒメシャガ


そして間もなくトウギボウシが頭を垂れていた。昨日までの雨でこうなったのか?これもこの株しか見なかった。
トウギボウシ

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

今日も七座山へ

2009年7月28日(火)
今日の午前中は地域のお祭りでかかった経費の支払い等を行い、昼食後出発。雨が降りそうな空だった。登山口に着いたらジトジトした状況だった。いつもの所に車を駐め出発。蜘蛛の巣対策用に折ったササで払いながら登った。ザックの背後には蚊取り線香をぶら下げて万全のつもり・・・でも、効果は疑問?今日の山頂までのタイムは45’22”でまあまあ。汗でビッショリ!下りの途中から天気が回復して日が差す場面も!前回咲いていなかった花が数種あった。七座山等の山へでも出かけないと、大変なことになる。先週は1週間で「アマルフィ」「ノウイング」「トランスフォーマーリベンジ」の3本も映画鑑賞に秋田まで出かけてしまった。せっかくの山仲間からのランチへの誘いにこたえられなかった。昨晩は、ショッピングの秋田から帰った後、別の山仲間と9時から10時まで(閉店)モスバーガーで山の話をした。田舎のモスの閉店は早いね~!


下の2枚の写真を見比べてください。上が登る前、下が下山後。標柱の「秋田県」の文字の所が登る前は見えなかったのが、下山後はしっかりと見える。どなたか刈り払いをしてくださったようだ。有り難い!ただ、もう少し上の方まで刈って欲しかった。写真の上の方になると道の足下が一部危険になりササヤブになっている。
登山前
登山後


前回登った時に咲いていたクルマユリも沢山咲いていたが、今回はヤマユリもアチコチに咲いていた。花が大きく重いためか頭を垂れてヤブの中に花が隠れているものもあった。
ヤマユリ


下山後、登山口の近くでウバユリを2株発見!ウバユリか?オオウバユリか?私は判断出来ませんでした。どちらでしょうか?
ウバユリ

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

ようやく雨が上がり七座山へ

2009年7月23日(木)
雨が上がりようやく七座山へ行くことになり、昼食後出発。
二ッ井の街を通り仁鮒に入ってからの七座山脇の道が大雨で冠水したのか泥が乾いたようになって汚れていた。いつもの通り準備して出発。蚊取り用品を忘れてきた!蚊がまとわりつく。落ちていた木の枝で蚊と蜘蛛の巣を払いながら登る。箕座を通過しながら展望台の脚部の所に赤いザックがあった。展望台上に人の気配!でも、見上げるだけ余裕はない!三本杉座のあたりからバテバテ!結局今日は47’03”かかってしまった。山頂の権現座でスポーツドリンクを飲みながら休憩!風が無いのが苦しい。15時過ぎ下山開始。クルマユリが咲いている。写真を撮りながら進んだら、箕座直前で烏帽子座側へ下ってくる男女2人の姿。背中にはさっき見た赤いザック!「こんにちは!」っと挨拶をしてすれ違う。もし、このお二人が旧天神荘付近から登り鉄製のハシゴを登って箕座へ来て、そのまま下ったのなら、下に載せた2種の花は見ることが出来なかったと思うのだが・・・?そうだったなら残念!私は展望台でひと休み。4時半近くになって下山。暑い!垂れ下がったままの三本杉座の看板を勝手ながら縛り直しして元のようにしてきた。


箕の座の展望台から見た展望写真。右手の米代川は手前から前方(きみまち阪方向)へ流れ、松座ときみまち阪との間で大きく蛇行して左手の二ッ井の街と七座山との間を左手前へ流れる。
展望台より


先週、房住山で見たヤマジノホトトギスが七座山でも咲いていた。松座周辺で咲いていた。これからこの山域のアチコチで咲き始めるのかと思う。花のアップ写真です。
ヤマジノホトトギス


花が咲く前は何だろう?クルマバソウか?と悩んでいたが、咲いたらこの通りクルマユリだった。烏帽子座周辺と松座周辺で咲いていた。
クルマユリ

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

観音橋脇の登山口から房住山

2009年7月17日(金)
房住山へ観音橋の登山口から登ったことがなかった。今回初登り!暑い中いつもの通り能代の自宅を昼食後に出発。
ところで、TVでは北海道トムラウシ山での遭難を伝えていた。10人死亡とか!大惨事だ!私も高校生を連れて3度縦走の途中でトムラウシ山頂を登りました。3度目に女子生徒と一緒に行った時は山頂直下にテント泊した翌朝、テントが浮いて流されるほどの雨でした。思い出深い山です。亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。山の先輩達が旭岳方面に行くと言っていたが無事に帰ったかな?
さて、今日は暑くて大変かと思ったがそれ程感じないまま登ることが出来ました。最初の登りはかなりの急斜面で良いトレーニングになりました。神社から登るコースの分岐までは松や杉の林を登るなかなか良いコースでした。登山口から山頂まで普通に歩いて1時間4分27秒でした。良い運動になりました。下りも写真を撮りながらほぼ1時間ほどで下ることが出来ました。汗をビッショリかいて車に着き、暑さにウンザリでした。登山道の方が涼しく感じました。


県道37号線を進み、ぼうじゅ館前を通過してそのまま進むと間もなく観音橋があり、写真のように、橋のたもとに登山口があります。写真右の一番観音の看板のところに車を駐めて出発。駐車スペースは少ない。
観音橋登山口


今日の房住山山頂。手前に21番、番外2と3の観音様がある。二等三角点は左下に頭が見える。
房住山山頂

下山しながら発見したヤマジノホトトギス。これから沢山咲きそうだ!
ヤマジノホトトギス


下山してから登山口と県道をはさんで反対側の斜面を登り、不安定な岩の上にある一番観音を初めて見た。
一番観音

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

今日もまた七座山

2009年7月14日(火)
七座山訪問は習慣になりそうです。松座から権現座までの尾根ルートの様子は次第に身体にしみ込んでいきそうです。今日も午後から出かけました。自宅から登山口までの最短距離は現在23kmです。登り始めて前半快調だったのですが、中盤の三本杉座手前から箕座付近までは苦しみました。当然ペースダウン。今日の権現座までのタイムは45’35”でした。今、NHKのヒューマンドキュメンタリー「物理学者・戸塚洋二 がんを見つめる」を見ながらブログを作っています。坂田昌一氏もそうでしたが、ノーベル物理学賞候補者が昨年亡くなっていたのですね。残念なことです!日経ビジネスに戸塚氏と坂田氏について記事がありました。


沢山咲いていたノギランです。葉を見ると一見ショウジョウバカマのように見えます。名前のわからない植物が数種ありました。名前を調べてわかったらブログに載せましょう。
ノギラン


箕座の展望台から建設中の二ッ井小学校がはっきりと見えるようになりました。大きな屋根の体育館は秋田国体のために作られた総合体育館です。その左隣に新二ッ井小学校の建設現場が見えます。
二ッ井小学校

二ッ井の街を撮した写真です。中心部に手前から前方に道路が見えると思いますが、行き着く先は二ッ井駅です。この道路が緑っぽく見えませんか?道路にかなり太い緑色の線が塗られているようです。きっと自転車の走行帯なのでしょうか?私の勝手な想像です。今度この道の所へ行ってみましょう。
二ッ井の街の緑のライン

雨の七座山

2009年7月11日(土)
今日もトレーニングに七座山へ!曇り空の中やや涼しい!いつもの通り松座登山口近くに車を駐車して出発。登り始めて直ぐの所がヤブと化している。更に、雨が続いた後だからか蜘蛛の巣と格闘しながらの登りとなった。いつもよりやや足が重い。山頂まで47’15”とやはりタイムも悪い。山頂近くで目当てのイチヤクソウが咲いていた!写真を撮って下り始め烏帽子座付近まで来たら急に薄暗くなって雨が降り出した。カッパの上だけを来て歩いた。登山口付近のヤブを少しやけくそになって手でネマガリダケを折るなどして広げた。下山したらビショビショだった。帰宅して八峰町のハタハタ館へ向かった。ハタハタ館の温泉にはどこへ行って来たのか?登山帰りの人達が沢山入浴していた。


咲いていた!イチヤクソウだ!でも・・・何だか数が減ったような気がした!なぜだろう?
フタリシズカは沢山咲いているのだが、まだ七座山ではヒトリシズカは発見していない!どなたか見た人はいるのかな?
イチヤクソウ


花は数種咲いていたが、その中で特に目立ったのがこのオカトラノオだった。
オカトラノオ


三本杉座の看板がこんな事になっていました。権現座の看板のように失われてしまうのでしょうか?
三本杉座の看板


七座山の箕座展望台から雨の中の展望動画です。
山頂方面<南>(手前が烏帽子座、その右奥に重なるように少し見えるのが山頂の権現座)からスタートして東へ回ります。米代川上流部(北秋田市鷹巣方面)へ向き、次にきみまち阪方面<北>を見ます。米代川と七座山の松座までの尾根が見えます。その次に二ッ井の街並みが見え、西に回って能代方面は丘陵の奥で見えません。更に回ると南側の山頂方面となり終了です。
七座山(秋田県能代市二ツ井町)からの展望動画

[広告] VPS

秋田県三種町「房住山」へ

2009年7月2日(木)
今日は半夏生!田代岳では半夏生の行事が行われているのだろうか?午後から時間が空いたので七座山へと思ったが、どうせならということで三種町にある房住山へ行くことにした。能代市の自宅からは七座山より10kmほど遠い。10年以上登っていなかったので新鮮であった。現地のぼうじゅ館に着いて看板でルートを確認。以前と変わっていなかったが、林道は舗装され登山口に立派な駐車場やトイレがあった。心地良い風を浴びながら二等三角点のある山頂で展望を楽しみ、登山道脇では実の付いたサンカヨウやエンレイソウ、ツクバネソウが見られた。神社周辺ではアジサイが咲いていた。下山してコテージを確認し、更に県道37号線に戻り観音橋からの登山口を確認してから帰路に着いた。久々の房住山を堪能して午後6時には帰宅した。


ぼうじゅ館駐車場にある看板でルート確認。看板中央付近にある登山口から登る。
登山マップ


ぼうじゅ館横のこの鳥居から林道に入る。以前は砂利道で急坂もあったが、舗装され緩やかになって改良されていた。登山口には広い駐車場やトイレがあった。
登山口入口

台倉の坂(ババ落し)は右上へ伸びる急斜面。登ったがヤブになりつつあり登りにくかった。前には無かった立派な迂回路が写真の左手に伸びていた。下りで使ったが良く整備されていた。
ババ落し


山頂にはこのような立派な展望台がある。最上部は部屋になっている。2階部分で休んだがアチコチ朽ち始めていて危険と感じた。二等三角点は階段左手前にある。
山頂の展望台
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード