リハビリのためのサイクリング<林業地域連絡林道米代線と林道深沢線>

2009年5月29日(金)
白神岳へリハビリ登山へ行ってからも股関節に違和感を感じていた。少し回復したような気分!運動不足を感じて外へ出た。今シーズン初めてのサイクリング。自宅前を10時9分出発。米代川の橋を渡って向能代へ。ローソンに寄り昼食などを購入。向能代駅入口を通り県道143号線を旧峰浜村石川集落へ向かう。集落内で県道63号線を横切り直進。少し登りになり右にカーブすると広域基幹林道(林業地域連絡林道)米代線の起点に着く。幅員7mの立派な道路だ。徐々に登りながら林道を走る。車は滅多に来ない!約5km程走って能代市常盤山谷地区にある毘沙門憩の森に着く。木陰で休んで昼のおにぎりなどを食べる。その後林道を少し戻り、立派な看板のある林道深沢線に入る。未舗装の林道を南方向へ延々と進む。途中に秋田県林業公社の看板があった。ガタガタと振動させながらしばらく走ると、常盤地区の県道63号線と64号線の交差点近くに出る。この後は県道64号線を向能代へ向け走る。途中から県道205号線になる。米代川の橋を渡り自宅へは13時45分に着く。汗はかいたがリハビリになったかは?

走行距離40.1km
走行時間(休憩を入れて)3時間31分
平均時速(休憩時間も入れて)11km/h


米代線の途中にこんな立派な看板!つい誘われてこの林道を進むことにする。
林道入口

林道深沢線に入って間もなくこんな立派な看板がある。看板内の色分けされた地図の右下の縁を通っているのがこの林道。この看板のある現在地は地図右上の端。
秋田県林業公社看板

林道から県道63号線に出た所。舗装道路になってホッとする。写真の左前方は能代市の市街地方面。
林道出口


今回のコースを地図に記入してみました。向能代のローソンを起点に黒で示したのがコースです。
A地点が米代線の起点。B地点が毘沙門憩の森。CとDの間が林道深沢線です。サムネイル表示にしているのでクリックして大きなサイズで見てください。
map20090529

白神岳リハビリ登山?

2009年5月21日(木)
ゴールデンウイーク後、頭痛が始まり、首が回らなくなり、腰痛になった。少し大人しくしていたが、幾らか良くなってきたのでリハビリ登山にと白神岳へ向かった。距離のあるマテ山コースはイヤだから二股コース往復にした。暑かったのと体調がイマイチだったためか、辛い!辛い!登山となってしまいました。いつものように水分は背負ったのですが足りず脱水にもなり、下山後はガブガブ水分補給もしました。体質的に暑い季節の山は苦手なのです。標高が高ければ夏でも良いのですが・・・!詳しくは「山へ行こう!」のサイトをご覧ください。



登り始めて間もなく標高350m付近に咲いていたクルマバソウ。
クルマバソウ



クルマバソウの直ぐ先に咲いていたマイズルソウ。この辺には他の野草が何種か咲いていた。
マイズルソウ



二股に着いて最初の徒渉です。ロープを頼りに渡ってから振り返って撮しました。以前は丸太が渡されていましたが、流されていました。落ちても溺れることはありません。この日は暑く濡れた方が気持ち良かったかも・・・
徒渉



二股で2回徒渉します。写真の前方で右から左に渡り(前の写真の徒渉です)、写真の左端付近を前方から手前に渡ります。ロープの位置を気にせずに安全に渡れそうな所を探した方が良いのかも知れません。
二股



二股の手前から二股の上部の方までムラサキヤシオツツジが咲いていました。この写真は二股から10分ほど登った所で撮りました。872m標高点付近にはオオカメノキ(ムシカリ)やタムシバが、更に上部の1100m付近ではタカネザクラ(ミネザクラ)が咲いていました。山頂直下の見晴らしが良くなった所にはカタクリやミヤマキンバイも咲いていました。また、二股分岐から二股方面に入り直ぐの所にシラネアオイが咲いていました。
ムラサキヤシオ



872m標高点(山頂まで0.9kmの看板)から山頂方面を撮しました。右のブナの樹の奥に小高く見える稜線部が山頂です。この時は、もう疲労でフラフラでした。
標高点



山頂から避難小屋(右)とトイレ(左)方面を撮しました。向白神岳の稜線は良く見えますが、いつもその奥に見える岩木山は、霞んで良く目を凝らして見ないと分かりませんでした。私は、小屋の右の雪面にマットを敷きゆっくりくつろいで体力の回復を図りましたが、回復しませんでした。山頂の「自然を守ろう」と書かれた標柱に付いていた「白神岳山頂」の看板は写真の通りありませんでした!
白神岳山頂




田代岳での高校生の大会に同行して

2009年5月8日~10日
秋田県・県北地区高校総体登山競技が田代岳で行われ同行しました。詳しくは「山へ行こう!」をご覧ください。
高校生の大会は知識・体力・読図・気象・歩行・展望・装備・設営・植物・計画書・記録・生活形態などの項目について200満点で競技を行います。こうして登山競技や合宿などを通じて高校3年間登山のキャリアを積めば、彼等は立派な岳人のひとりとしての基礎が出来上がるのです。勉強と両立させて頑張って欲しいものです。また、もっと多くの高校生の山岳部入部を期待しています。



9合目の雪田に着いて山頂ドームを仰ぎました。雪も溶け始めアチコチの池糖が現れ始めていました。
池塘と山頂ドーム



山頂神社裏手の雪の上に選手達が到着。審査員がゴールタイムをチェックします。その後少し休み、装備審査や展望審査を行います。
山頂に着いた選手達



下山途中、9合目で池塘やダケカンバ・ブナの向こうに岩木山を撮してみました。
池塘と岩木山

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード