安比スキー場へ

2009年3月31日(火)
阿仁スキー場が終了した今、長男と安比へ行くことにした。当然ドラ割で安く!天気も良く、ゲレンデコンディションも良かった!特に上部の雪質が良く、十分楽しむことが出来た!


ハヤブサコースの上部です。この素晴らしい天気!テレマークスキーはなかなか上達しませんが気持ち良く滑ることが出来ました。
ゲレンデ上部


滑り終えて帰る前にスキーセンター前から撮す!左からザイラーロングコース(下部が蛇行して見える)・ハヤブサコース(正面の幅広のコース)・オオタカコース(ハヤブサコースの直ぐ右)・ヤマバトコース(ヤマバトコースだけは写真では見えない)の4コースが山頂からのコースとしては営業していた。
スキー場全体

今シーズン最後の阿仁スキー場へ

2009年3月27日(金)
土・日は用事が出来たので、日曜日(3/29)で終了する阿仁スキー場へ出かけることにした。天気が良ければ山頂へ登れるように登山の準備もして午前9時過ぎ自宅の能代を出発。阿仁前田付近から吹雪になり登山は無理かな?っという気持ちになりかけていた。国道105号線から左折してスキー場への道路に入ったら、徐々に雪が多くなり、対向車線はまだ除雪されておらず片側1車線状態だった。スキー場のペンション付近で除雪車が下って行った。10時半過ぎに駐車場に着き、イージーにスキーを楽しむことにして4時間券を購入。11時にゴンドラに乗り上部の第2ロマンスリフトを目指す。ゴンドラで3人の方と一緒になり3人とも私より先輩!鷹巣と秋田と能代の方ということだった。70歳代の方もおり刺激になった。朝、テレマークのガイドKF氏が登って行ったということだった。さすが!っと思った。新しい斜面を探すためとか?頑張るな~!彼なら大丈夫!森吉は自宅の庭のようなものだろう!サンシャインコースはゲレンデの1/3位の幅で圧雪され他は新雪が積もったままであった。私は右側の樹林帯に入ったりしながらヒザ付近までの新雪の滑りを何度か楽しみ、昼過ぎになって下のレストランまで下り昼食を食べる。13時過ぎまたゴンドラに乗り上部のゲレンデへ、休憩所前の温度計がー7℃を示していた。天気が悪く視界が良くない。2本滑ったら吹雪状態になり、下ることにした。下のゲレンデを数本滑ったら15時に近くなり終了!帰宅したら17時近くだった。阿仁スキー場はゴールデンウイーク過ぎまで十分滑れるのに、もう終了とは!春スキーを売り物にしても良いのにと思った。雪質も真冬の状態であった。


阿仁のバイパスを走っていたらこんな吹雪!前の車の前にも何台も車がいるのだが良く見えない!
阿仁のバイパス


スキー場駐車場近くになってようやく除雪車が対向車線を除雪し始めていた。
除雪中


リフトに乗りながらゴンドラ駅付近を撮した。昼近くには、一時青空も見え天気が良くなるかのように感じられたが・・・?
ゴンドラ駅


ゲレンデ脇の樹林帯の中を滑っていたら、雪の中に標柱の頭が見えたので掘ってみたら水場(標高980m付近)の標柱であった。ここでの積雪は1.5m以上はあると思った。
水場の標柱

急に田代岳へ行くことに・・・

2009年3月13日(金)
相棒と八峰町の水沢山へ行く予定だったが、急に相棒が行けなくなり、単独行になった。スキーを滑りたかったので田代岳へ行くことにして出発。いつもの尾根を大広手沢口から山頂を往復した。山頂部は風が強かったがそれ以外はは穏やかで良いコンディションだった。詳しくは私のサイトである「山へ行こう!」をご覧ください。


大広手沢の登山口。看板は雪の下。例年より雪が多いのか?雪壁の高さは2m以上ある。
登山口


尾根を登りながら振り返る。真っ直ぐなトレースは私のもの。左のものは昨日の下りのトレースか?
登りの尾根


9合目の雪田手前のブナの樹にこんな看板があった。誰が付けたものか?
看板


強風の中、山頂ドームを登っていたら鳥居がようやく見えた。周囲には地吹雪が舞っていた。
山頂ドームの鳥居


山頂から岩木山。手前の山頂の雪面は地吹雪でかすんでいる。
山頂から岩木山


尾根の下りで上を振り返る。この辺は最高に気持ちの良い滑りが出来た。転倒もしたけど・・・
尾根の下り


下山して車で林道を下ると林道脇の川の中はこんな感じで、石の上に雪の帽子をかぶっている。その形は様々!いろんな形があり何度も車を駐め写真を撮る。
沢の雪

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

最高のコンディションの安比スキー場

2009年3月9日
かつての同僚と3人で安比スキー場へ!最高の雪質と最高の天気でした。3人はボード・アルペン・テレマークと3者3様のスタイルで滑走!最後の滑りでは、私は、もう筋肉に乳酸がたまり足にきていました!

素晴らしい天気に感謝!岩手山もクッキリと見えた。
安比から岩手山


撮されているとも知らず、楽しく滑ってくる2人をとらえました。この青空と雪の白さのコントラストが何ともいえませんね!

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

雪の小滝山614.2m(能代市二ツ井)へ挑戦

2009年3月5日(木)
小滝山へ行こう!ということになり成田(幸)氏と挑戦!ゆっくりの出発だが、山頂に立ち無事帰還。詳しい事は私のサイトである「山へ行こう!」をご覧ください。GPSによる地図もあります。
夏の小滝山は余り好きでありません。ごめんなさいm(_ _)mでも、この時期は好きな山です。雪山が好きな方はこのコースお勧めです。

二ツ井の種梅から小滝へ進み、窓山へ道を登り、小滝林道と岳林道の分岐手前に車を駐めました。そこから林道上の歩行となりました。


この写真の右が岳林道、左が小滝林道です。この手前100m程まで除雪していました。
林道分岐


手前の林道から前方の尾根へ取り付くことにしました。登り易いところを探しました。
林道から尾根へ


このような灌木の間をすり抜けて登ります。でも、葉がないから読図はし易い。杉林のところもある。
登山コース


山頂の尾根に乗り、いよいよ山頂!
山頂の尾根


山頂の看板。左下に屋根に雪が乗った小屋が見える。
山頂


下りの尾根の上で見たブナの大木。所々にこんなブナの樹があった。
ブナの樹

八幡平(第14回八幡平樹氷ツアーに参加して)

2009年2月28日(土)~3月1日(日)
八幡平温泉リゾート協会が主催し鹿角市山岳会が主管する八幡平の樹氷ツアーに参加してきました。残念ながら樹氷は良くありませんでしたが、それにもまして好天に恵まれ素晴らしい展望を楽しみながら登山をしてきました。詳しい事は私のサイトである「山へ行こう」をご覧ください。


秋田八幡平スキー場からここへ下り、ここから登りになります。最高の天気です!
蒸ノ湯休憩所


急斜面を登り振り返れば焼山が見え、その奥に森吉山が見えた。
展望4


山並みの向こうに鳥海山が見えた!
展望2


更に登ると、秋田駒ヶ岳から乳頭山への尾根や源太ヶ岳・大深岳・畚岳が展望出来た!
展望1


山頂から岩手山とその左奥に早池峰山が見えた!
展望3


八幡平山頂からの展望です。樹氷はほとんど落ちていますが、素晴らしい天気に恵まれました。岩手山からスタートして東から北・西・南・そして岩手山と回転します。山並みは余り良く見えませんが気分だけでもご覧ください。

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード