高校生の冬山技術講習会に同行して

2008年12月28日~29日
秋田県高等学校体育連盟県北支部登山部の冬山技術講習会が森吉山で実施され同行させてもらいました。28日は数日前から続いた悪天に影響され、ゴンドラも動いてなく、上に行くのは危険と判断し予定の9合目避難小屋泊を急遽変更してブナ帯キャンプ場(標高800m付近)にして実施されました。

テント設営訓練。テントを張るための場所を確保するため、雪を踏み固めています。
設営1

テントを設営し、風よけのために、風上の方へ雪のブロックで風よけ用の壁を作っています。
設営2


設営中の動画です。時々強い風が吹き、ブナ帯キャンプ場にあるブナの巨木が大きく揺れるのが見られます。何度もここに足を運んでいますが、このようにブナの木が揺れるのは初めて見ました。


2日目の朝は、すっかり天気が回復して快適でした。ブナ帯キャンプ場から出発するところです。
2日目の朝の出発

講習会終了後、時間があったので3人でスキーを楽しみました。右の上にゴンドラの山頂駅が見えます。この辺の樹木は強風雪にさらされたため雪が付着して真っ白になっていました。
ゲレンデのリフト

阿仁スキー場へ(今シーズン初!)

12月24日(水)

さっぱりテレマークスキーが上達しない!練習しないとダメだと思いつつ、スキーに行っていなかった。幾分天気が良く、週末天気が荒れそうだったので、阿仁スキー場に出かけることにした。しかし、阿仁スキー場は雪不足で標高1200m前後にあるサンシャインコースのみの営業です。ゴンドラで上に登り、第2ロマンスリフトを利用してサンシャインコースを滑ります。ゴンドラ山頂駅から下るパラダイスコースは閉鎖されていました。第1ロマンスリフト下部の斜面は雪が少なく、少しであったが土色の部分もあった。今週末の風雪によっては滑走可能になるかも知れない!
それにしてもテレマークスキーはさっぱり上達しません(-_-;)太股が疲れるだけになっています。どうすれば良いんでしょうか?

サンシャインコースを上部から見た写真です。人は少ないです。平日で、このゲレンデだけの営業ですから、お客さんが少ないのは仕方ないのかも・・・車の台数から察するに、客は50人ほどか・・・?ほとんどの人はボーダー!スキーで滑っている人は少ない!テレマークスキーは私以外に1人だけ発見!上手に滑っていました。あの人のようになりたいなーって思って見ていたら一瞬にして見えなくなりました。
ゲレンデ

一時的にこんな天気になりました!(^^)!右上にゴンドラの駅が見えます。この斜面の上部の樹木は霧氷が付着して真っ白でした。
リフト

テレマークスキーの勧め!

12月4日(木)
テレマークスキーの勧めといっても、実は私は初心者なのです!天気が良いようなので、初滑りに秋田八幡平スキー場に出かけることにした。能代の自宅を8時15分出発。10時半頃スキー場駐車場に着き準備。ゲレンデには余り滑っている人は見えない。準備してリフト券を買う。シルバー券は1600円!安い!準備をしてリフトに乗りゲレンデ上部へ!天気が良く風もない!最高のコンディションだが、ゲレンデはガリガリで滑りにくい。テレマークスキー2シーズン目の私は必死でガリガリーっとターン!疲れてスキー場の食堂へ行き昼食。八幡平ポークとあったのでカレーにした。(帰宅したらカレーだったのでがっかりだった。)昼食を食べていたら、大館から来たという方が色々話しかけてきた。同世代だろうと思われる方だ。スキーの技術についても教えていただく。午後ゲレンデに戻ったら、ゲレンデの途中で待っていてくれて、指導してもらう。帰る時の近道も教えてもらう。順調に滑っていたら、別の方が同じように声をかけてくれる。テレマークスキーは珍しいのだろう。この方にも滑り方のヒントを教えていただく。自衛隊員が100名ほどやって来て滑り始めた。寂しいゲレンデが急に賑やかになる。2時半を過ぎ、最後の一本を滑り、着替えて帰宅の途についた。

ゲレンデ最上部からの展望。左が焼山、正面奥が森吉山、右が柴倉岳と思われる。
ゲレンデからの展望

自衛隊員がやってきてゲレンデは賑やかになる。自衛隊員の集団のひとつのグループは右下。彼らの板は、カーブ無しのストレートの板だった。滑りにくいだろうな-!
自衛隊

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

水沢山(八峰町・旧峰浜村)へ!

12月1日(月)
単独で2度挑戦して敗退している!登山道は無い!今度こそ!っと思いながら「途中で敗退してもイイヤ」っという程度の気持ちで出かけた。しかし、その気持ちとは違って見事(自分で言うのもおかしいが・・・)私にとっては初めての登頂!積雪の状態が助けてくれた。タイムリーだった!好条件が揃っての登頂だった。詳しい記録と地図は私のサイトである「山へ行こう!」をご覧ください!

水沢ダムを越えて、林道上から水沢山の全貌を見た。登山道は無いから右のスカイラインを登る。左の日が当たっているピークが山頂手前のピークでその右に小さく目を凝らしてみるとコブのように見えるのが山頂。水沢川にかかる橋も見える。この橋を渡って右手へ行くと私が登った登山口になる。
水沢山全貌

写真のようにピンク色のテープが沢山付いている。新しいのもあれば、古くなって色落ちしたものもある。この辺は大変歩きやすい斜面だった。山頂に近づくとピンクテープの数が少なくなっていた。この辺は非常に多く付けられていた。
ピンクのテープ

手前のピークの岩の上に立ち山頂を望む。ここまで来たので、どうしても山頂に立ちたかった。山頂まで標高差約40mの登りになる。
手前のピークから山頂を見る

山頂から焼山(963.1m)方面を撮す。右側のピークの右から二つ目が焼山山頂。左のなだらかなピークが次郎左衛門岳(946m)。更に左の方を見るといろんなピークが見えたがこの場所で山座同定するほど余裕はなかった。
山頂からの展望

この程度の雪の深さだったので助かった。ここの足の下には一度融けて固まった硬い雪があり、これ以上沈まなかった。だから、雪を掘り返して三角点を探す気にはなれなかった。場所によってはズボッと埋まる所もあり上手に歩かなければならなかった。この位置は山頂だが、このような条件の良い積雪が所々にあったので山頂までたどることが出来た。
雪の深さ

山頂からは見えなかったので、途中の尾根から能代方面を撮した。白神岳から見たのと違い大変近く見え、良く見ると大きな建物は判別出来るようだ。当然、能代方面から水沢山は大変良く見える山だ!
能代方面

水沢ダムから水沢山を見ると大変良くルートがわかります。山頂の左のピークが山頂手前のピークです。登った尾根が手前から山頂手前のピークへ伸びているのが良くわかります。
ダムから水沢山





プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード