初冬の白神岳

11月26日(水)
雪が積もったので、再度白神岳へ行って来ました。ちょっと遅い出発だったのですが、どなたか歩いたトレースが残っており、そのトレースに助けられ山頂を踏むことが出来ました。感謝感謝!でした。標高でいうと700m位から上は全面雪です。山頂への主稜線近くなると吹きだまりなど結構深い所もあります。詳しい事は私のサイトである山へ行こう!のページをご覧ください!

二股分岐です。このようにほとんど雪はありません。二股コースにしようか?マテコースにしようか?迷いました。でも、雪上歩行を考えると、急斜面の場合はリスクが大きいので、やはり安全策をとりマテコースにしました。
二股分岐

標高920m付近でスノーシューを履きました。しばらく、ズボズボ埋まっていたのを我慢して歩いていたのですが、やはり無理でした。私のスノーシューはアトラスの製品です。5年ほど前に弘前のモンベルで購入しました。
スノーシュー

山頂から避難小屋・トイレ・向白神岳の尾根・岩木山を望みました。山頂のベンチは雪の下でした。三角点も雪の下でした。厚い雲が空全体を覆っていましたが、雲の下の遠望は最高でした。空気が澄んでいたのでしょうか?
山頂

大峰分岐からマテ山の方へ下りながら山頂方面を望みました。山頂の尾根の向こうには能代から男鹿半島へと伸びる海岸線がクッキリと見えました。大潟村や秋田湾の海岸線も良く見えました。一眼レフのデジカメで撮った写真を帰ってから見たら、秋田火力の煙突や向浜の製紙工場の蒸気か煙が写っていました。セリオンは確認出来ませんでした。
山頂方面

前回に続いて山頂の展望動画を撮りました。私の下手なコメントがありますが・・・コメントになっているでしょうか?余り鮮明でありませんが、想像しながらご覧ください!

晩秋の白神岳

2008年11月11日(火)
鳥海山へ行きたかったのですが、ブルーラインは通行止め、祓川への道も途中で通行止め!アイゼンを履きたくても行けそうにないので、我慢!我慢!そこで白神岳へ行って来ました。
天気が良く最高の山行日和でした。詳しい事については私のサイトである「山へ行こう!」を見てください。

二股分岐から二股への道では、まだ紅葉が見られます。日が差すとこのように綺麗な紅葉が見られます。でも、もう終わりかなー?
紅葉


二股に着くと二回徒渉しなければなりません。写真前方で右から左へ渡り、写真の左側の岸を手前に歩き、もう一度手前へ渡ると、写真手前の道に着きます。つまり、白神川を右岸から左岸へ渡り、次に母沢を左岸から右岸に渡るということです。
二股


二股から登り872mの標高点に着くと山頂部が見えます。ブナの葉が落ちて見通しが良くなったので、ぽっこりとした山頂部が良く見えました。
標高点から山頂


ようやく山頂に着いたら避難小屋や向白神岳の尾根、そして岩木山などが良く見えました。うっすらと雪も積もっていました。
山頂

尾根の上から、旧岩崎村の艫作岬方面が良く見えました。春だと霞むのですが、秋や冬の好天の時はすっきりと見えます。
艫作岬


山頂からの展望動画です。向白神岳方向(北東)からスタートし、北→西→南→東→元の位置と回転しました。画像がはっきりしませんが、目をこらして見てください。能代へと伸びる海岸線や男鹿半島が見えたら素晴らしい目をしていると思います。東方面には世界遺産に指定された白神山地のコアエリアが見え、ブナ林の山々が延々と続いている様子がわかります。

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード