三ッ石山・小畚山・大深岳・源太ヶ岳周遊

2008年9月29日(月)
天気が良さそうだったので、久々に遠出しました。気持ちの良い尾根歩きを楽しんでルンルンでした。三ッ石山荘までの登りと源太ヶ岳の下りはドロドロでした。詳しくは私の「山へ行こう!」のサイトを見てください。
岩手山
三ッ石への登りで見た岩手山。山頂部が白くなっています。

三ッ石山荘
新しくなった三ッ石山荘。小屋の看板は「三ッ石避難小屋」になっていました。古い山荘には泊まったことがありますが、新しくなって初めて見ました。中は2階になっていて、中央に薪とペレット両用のストーブがありました。外にはウドデッキも付いています。

雪
大深岳付近の登山道です。雪が少し付いています。左の写真の色が飛んでいるところも雪です。このせいで、朝アスピーテラインと樹海ラインが全面通行止めだったのです。

源太ヶ岳からの展望
写真左から三ッ石山・1448.1mの三角点があるピーク・小畚山です。小畚山を右の方へ下り最低鞍部から登り返すと写真から切れて見えない大深岳です。大深岳から90度ほど東に折れて進むと写真を撮った源太ヶ岳です。


三ッ石山山頂での展望動画です。スタートが岩手山で、北→西→南へと回って岩手山で終了。後半、ケルンの奥に乳頭山や秋田駒ヶ岳が見えます。最後の岩手山が見える手前の雲の上にシミのように早池峰山が見えます。鮮明ではありませんが、展望を楽しんでください!



源太ヶ岳から下り、松川温泉が近くなったら、登山道脇からボコボコと音がしてビックリ!登山道からはずれてのぞいたら水が湧いていました。おそるおそる手を入れたら冷たかったのです。でも、もしかして冷泉かも知れません?

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

簡単浅漬けその2

2008年9月26日(金)
簡単にできる浅漬けに再挑戦!材料は、キュウリ1本を薄く輪切りに切り、ナス1個をキュウリと同じくらいのサイズに切る。今回は水ナスを使った。大葉の葉1枚をきざみ、生姜を千切りにする。これらをボウルに入れ、塩を好みに応じてかけ、良く混ぜる。これを即席つけもの器ピクレK-10に入れて作る。数十分もあれば完成!盛り付けする時に白ゴマを少しかけた。好みに応じて、しょう油をかけたり、すだちを絞ったり、山椒をかけたりしても良い。山登りの時には、ビニール袋に入れて持って行けば、野菜不足を補えそう!
浅漬け(ナス・キュウリ)

七座山のコース再調査!

2008年9月24日(水)
七座山にもうひとつコースがあったと思い、その調査のため昼過ぎ自宅を出発。何となく気楽に向かうが、帰りにどうなっているかは予想も出来ない!
私が作った七座山のルート図の③の登山口に車を置いて登る。やがて尾根に取り付き、柴座を確認。尾根の上を南下して三本杉座方向へ進む。薄暗い杉林の中を登り左に道が折れる。間もなく天神側(進行方向左側)の斜面が崩落し展望が開ける所の少し手前に、左に下りて行く踏み跡を発見!下り始めるが、直ぐに道は崩落し、もろい岩の斜面になる。道はない!もろい岩を三点確保で慎重に下るが、やはり道はない。まあ下れば南北に走るルートに突き当たるだろうとヤブを適当に下る。予想通り南北に走る道に出る。更に下る道を探したら、踏み跡らしき所を発見し下る。ジグザグに下り天神側の舗装道路(登山口)に出る。ここにはトイレがあるが、とても使う気持ちにはなれない。冬の間は閉鎖しているとの張り紙があるが、更新した模様はない。登山口を地形図で確認し、登り返す。南北に走る道を横切り、何となく道らしい所を登るが、間もなく道を失いヤブを登り始める。その直後、右腕にジグッ!と痛みが走り蜂がブーンと去る。長袖をめくり上げたら蜂に刺された後が~!直ぐに口で刺された所を吸いながら登る。最後の崩落している岩場は、もう勢いで登る。尾根に出て、一気に登山口へ向けて先を急ぐ。次第に痛みが激しくなる。登山口の駐車場に着き、パンツ以外すべて着替えて(看護婦さんに会うんだから!)最も近い病院である二ツ井町の金田医院に向かう。病院は空いていたので直ぐ受付、診察してもらう。腕を確認し、腕の血管に血管注射をする。患部を冷やし、アレルギー予防の薬を処方してもらう。医師から「また刺されたら大変だよ!」とアナフィラキシーショックの説明を受ける。直ぐ向かいの、薬局で薬をいただき、直ぐ一錠目を呑む。保冷剤もいただく。親切だ!冷やしながら二ツ井の出光へ。能代はレギュラー170円だが、ここは162円。直ぐ近くの二ツ井観光センター(二ツ井の道の駅)でガイドマップをいただき、ようやく帰路につく。腕は痛い~!帰宅してルート図の訂正だな!近々ルート図を更新します。
登山口のトイレ
とても使える状態にはないトイレ!この右側が登山口。
登山口の標柱
登山口の標柱だがロープが張ってあり、あたかも入山するなと言っているかのようだ?
分岐
南北に走る道を横切ると、写真中央に何となく道がありそうな・・・?ここを登ることとなる。蜂に刺されたのは、この先のヤブで数分後!
崩落した崖
この斜面に、手前から向こうに道がありそうだが、慎重に進むと道は無く行き止まり!写真の左上は垂直に近いもろい岩の壁!その壁を巻いて登った。
蜂に刺された腕
下山直後、蜂に刺された所を記念にパチリ!赤くなっている所が刺されたところ。やがて、周囲が腫れてきた!がっかりして帰路につく。

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

パプリカ・キャベツ・キュウリを使って簡単浅漬け!

2008年9月20日(土)
簡単にできる浅漬けに挑戦!材料は、パプリカ1個を千切り、キュウリ1本を短冊に切り、キャベツの葉2~3枚(これで量を調節)をキュウリと同じくらいに切る。ボウルに入れ、上から好みに応じてショウガをすりおろす。それに塩(今回は男鹿半島で作っているなまはげの塩を使う)を好みに応じてかけ、良く混ぜる。これを漬け物ポット(5千円以上する)に入れたいのだが無いので、ジャスコへ行って「即席つけもの器ピクレK-10」を買ってきて作った。この器は最も小さいサイズだったが、今回の材料が、ちょうど良い量だった。冷蔵庫のポケットに入る位の大きさで、少人数ではちょうど良い。山登りの時には、ビニール袋に入れて持って行けば、野菜不足を補えそう!日帰りか1泊2日程度だったら大丈夫!登山の時には、少し塩の量を多めにした方が良いかも知れない。
浅漬け


秋田県能代市二ツ井町にある七座山の地図を作成しアップしました!

2008年9月18日(木)
昨日七座山へ行って調査してきたものと、以前調べたものとを統合して、七座山のルート地図を作成しました。作成した地図は「山へ行こう!」のサイトへアップしておきました。ご自由にダウンロードしてお使いください。不完全な所もあるかと思います。ご指摘くだされば幸いです。今後も行った時に変わっていれば訂正したいと思っていますが、どなたか行った際に、新しい情報がありましたら、お知らせくだされば有り難いです。よろしくお願いいたします。

七座山のルート調査

2008年9月17日(水)
今日は七座山のルートマップを作ろうと思って、昼頃から調査に出かけました。
東側(天神側)は樹木の密度が濃く、GPSの衛星電波が弱く正確なデータは得られませんでしたが、何とか読図しながら、おおよそのルートは確認できたと思っています。近々ルートマップを作成し「山へ行こう!」のサイトの方へアップしたいと思っています。
解体された天神荘の跡
天神荘は解体され、このように更地になってしまいました。少しさみしいですね(-_-;)

廃屋
天神荘近くの登山口から登ると、直ぐこのような廃屋があります。嘗てのトイレだったのかなー?手がかけられなくなると直ぐこのようになるんでしょうね!七座山の行く末が案じられます。

仁鮒コースの藪
銀杏神社に最も近いコースです。畑を通って、笹藪を少し進むと小さな橋があり、このように笹が道にかぶり、道がわかりにくくなっています。

廃道
ここは仁鮒側の小さな駐車場がある登山道入り口です。ここを登ると、柴座の近くに出ます。前はここが道でした。少し踏み跡がわかりますが、前方の藪の壁からは身長を超える、密度の濃いものでした。標高差30m程の区間がこのようになっていました。ここを下ってきましたが、ツタには引っかかるし、ホコリは立つし、5cm位の蜘蛛が無数に蜘蛛の巣をはっているし、全身がかゆくて、直ぐ近くにある米代川に飛び込みたい気分でした。ただ、駐車スペースの奥に新しい道が出来ていました。どなたが作ったのかな?ロープも張ったりして、有り難いことです!m(_ _)m

竜ヶ森での高校生の大会に同行して

2008年9月12日(金)~14日(土)
秋田県の県北地区高校生の登山競技大会に審査委員として同行させてもらいました。
初日は北秋田市(旧鷹巣町)の明利又から仙戸石沢のキャンプ場までの競技。翌日は、キャンプ場から東ノ又沢の登山口へ、そこから山頂を越えて比内コースを下り、大館市(旧比内町)の長部集落までの競技。車で大葛温泉のベニヤマ荘キャンプ場へ移動。最終日は審査講評と閉会式でした。天気に恵まれ、快適な山行をしながらの競技でした。
二等三角点
なかなか発見できなかった二等三角点でしたが、山頂の標柱近くの笹藪の際にありました。盲点だったのかな~?

ブナ林
比内コース六合目付近のブナ林です。私の好きなブナ林のひとつです。

ゲンノショウコ
比内コース登山口駐車場に咲いていたゲンノショウコ。奈良氏が教えてくれました。

七座山へ(猿田沢コース確認!)

2008年9月8日(月)
七座山の猿田沢コースがヤブでわからなくなっているというでらりさんのお話で、急に出かけることにしました。案の定!ヤブに覆われた所が何カ所かあり、苦戦しましたが全コース歩いて確認してきました。私のサイトにコースを記入した地図を載せておきました。ご覧ください!これらのコースは、二ツ井山の会の方々が中心になって整備しているのかと思います。大変ご苦労様ですm(_ _)m
七座山は山の規模に比べるとコースが沢山あって整備が大変かと思います。これからも頑張って欲しいと思います。そして、会の益々の盛況を期待しています。
猿田沢登山口
仁鮒から入るとここが車道の終点になります。ここから猿田沢コースの登山道になります。写真正面が堰堤で右にある黒っぽい看板の脇を登って行きます。橋の上から撮った写真です。
猿田沢登山口の橋
猿田沢のコース入り口の橋です。最初の写真はこの上に立って撮ったものです。
猿田沢コース01
このように沢の中を登る部分がコース全体の1/6くらいあります。この日の水量は大したことありませんでした。
猿田沢コース02
突然このようなヤブになります。もっと濃いヤブのところもあります。左端にロープが張られているのがわかるでしょうか?これではちょっと歩く気がしませんね!慣れている人なら余り気にしないで登るのでしょうが・・・

ちょっと十和田湖の十和田ホテルへ

2008年9月6日(土)
親戚と十和田ホテルで昼食を食べてきました。予約が必要で、コース料理でしたが破格の1人2100円で、これで良いのかと思ってしまいました。前菜がマグロと野菜のマリネ風にした料理でした。メインディッシュはスズキの塩焼き風料理が一品とステーキがもう一品でした。暖かいパンを食べながらの美味しい料理でもう腹一杯。デザート(これが一番期待であり!大好き!甘党!)はチョコレートケーキと塩アイスクリーム。ブルーベリーとラズベリーが添えられていました。コーヒーを飲みながら料理の余韻に浸ってきました。今度は大川岱のプリンスホテルで食事したいものですね!誰かおごってくれないかなー?
上の写真は十和田ホテル(十和田ホテルは秋田県の大湯温泉から発荷峠を通り湖畔に下ります。湖畔から左折して少し進むと鉛山ですが、湖畔道路から分かれて左折して坂の上にあります。)
下の写真はデザート
十和田ホテル
デザート

theme : 実用・役に立つ話
genre : 趣味・実用

チャリで八峰町!?

2008年9月4日(木)
今日も天気良さそうだ!さあ出かけようか・・・しばらく行っていない八峰町の母谷山と薬師山は?っと思って、午前中に用事を済ませて、12時過ぎチャリで自宅を出る。まず、能代市上町のヒサヤ大食堂でランチを食べ腹を満たし、近くのローソンに寄ってスポーツドリンクなどを購入。13時頃いざ出発!少し暑いが米代川にかかる古い方の橋を渡って向能代へ。向能代駅前を通って県道143号線を進み、農免道路との交差点を左折して農免道路を進む。アップダウンが多く膝がガクガク。峰浜目名潟が近づいたところで右に「緑地休養施設母谷山」の案内看板があり、未舗装の林道を進む。坂を登って緑地休養施設の公園に着いたが、何か精彩がない。自転車を止め桜並木の間を母谷山へ向けて登り出したが、桜並木が消えた所でその先はヤブ道!腰以上のの草ボウボウ!蜘蛛の巣も沢山!軽装で来たからこれは無理!直ぐ諦める。何か予感したんだよな~!断念して、農免道路に戻り一度国道101号線に出て八森方面へ進み、東八森駅の少し手前を右折。踏切を越え、田んぼの中の舗装道路を、坂を登りながら進む。やがて薬師山の入り口にさしかかるが、なんと!(*_*)!入山するにはガイドの同伴必要とある!あ~あ!今日は何のために自転車を走らせてエッチラオッチラ来たんだろう!近くの斉藤食品に寄り焼き魚を買って、国道101号線を能代へ向け、目一杯ペダルをこぐ!帰りは行きの半分く以下の時間で、16時頃自宅へ到着!今日は複雑な思いで、ブログを作っています!(-_-;)
上の写真は緑地休養施設のある公園から見た母谷山。正面の鳥居をくぐって桜並木を登ると直ぐヤブだった~!
下の写真は薬師山入り口にある入山案内の看板と左にガイドについての案内の小さな看板!
母谷山
薬師山入山案内の看板

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

竜ヶ森に行って来ました!

2008年9月2日(火)
2日は晴れの予報!12日から14日まで高校生の大会があるので、審査委員として独りで偵察登山に行くことにしました。
こんなに暑くなるとは思っていなかったので(北秋田市で32℃)・・・でも、汗びっしょりになり、暑さより体力低下に苦しみながらの登山でした。
北秋田市側の東ノ又沢の登山口から登り山頂で少し休んでから、大館市側の比内コースを5合目まで下りました。そこから山頂に登り返し、東ノ又沢へ下りました。登った標高差は大したことないがこれほど疲れるとは・・・コンビニで食べたアイスが最高でした。
上の写真は北秋田市側の仙戸石沢のキャンプ場入り口にある古くなった看板です。
下の写真は山頂ですが、いくら探しても三角点が見あたりません?

竜ヶ森案内看板
竜ヶ森山頂

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

起動ディスクの入れ替え

2008年9月1日(月)
私のパソコンの不調が続いていました。時々ハードディスクからの読み込みが出来なくてフリーズしたり、アプリが終了できなくなったり。このまま、いつかクラッシュしたら大変と思い、OSの再インストールしようか考えた結果、起動ディスクの入れ替えに踏み切りました。幸い、AOSから発売されている「ファイナルハードディスク入れ替え」というソフトを探して直販から4,662円で購入。ハードディスクはいつものクレバリーから5,218円で購入。どちらも送料等別。前にも、ニムダ(ウイルス)にやられた時にファイナルデータに助けてもらったことがありました。
ハードディスクは注文の翌日届いたけど、ソフトは今日届いたので早速パソコンの蓋を外して格闘しました。全部で約3時間余りで完了!意外にイージーに交換できました。どうなったかは、この後使ってみないとわかりませんが、保険でもかけたような気分です。
下の写真は、新しいハードディスクのラベルとソフトの箱です。
ハードディスク
ハードディスク入れ替えソフト

theme : ハードウェア
genre : コンピュータ

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード