FC2ブログ

笹本稜平氏の山岳小説を読んで

2018年8月24日(金)
2017年冬、笹本稜平氏の山岳小説の紹介が登山雑誌に載ったのをきっかけに「その峰の彼方」を読んでみた。そこから笹本氏の山岳小説の虜になった。1年程で9冊を読み終えた。私の拙い感想を少しだけ述べて、9冊の小説を紹介させていただきます。
笹本氏の山岳小説は、彼が本当に厳しい登攀を経験してきたのではないかと思わせる表現が随所に見られ、それぞれの山域に関しても非常に詳しく述べられている。地図があれば地図を広げながら、あるいはグーグルマップを見ながら読むのも面白いかと思います。
本来は、登山に関するドキュメンタリーを読むのが好きだったのですが、新田次郎氏の小説を読んでから小説もおもしろいと感じるようになりました。
紹介順は読んだ順序です。

「その峰の彼方」
文集文庫・558ページ・840円+税
山域:デナリ(旧マッキンリー)
アラスカを舞台にした新規事業がようやく見えてきた時期に、なぜ単独行に挑んだのか?厳冬のデナリで消息を絶った津田悟(主人公)を、親友の吉沢などが救出に向かう。必死の捜索の末にたどり着いた結果は?
その峰の彼方

「還るべき場所」
文集文庫・618ページ・820円+税
山域:K2、ブロードピーク
K2の未踏ルートに挑んでいた翔平は、登頂寸前の事故でパートナーの聖美を失い失意の4年を過ごす。その翔平が、ようやくアマチュア登山ツアーのガイドとして再びヒマラヤに向かう。パーティに次から次へと起こる困難、交錯する参加者の思い・・・
還るべき場所

「未踏峰」
祥伝社文庫・407ページ・667円+税
山域:北八ヶ岳、ネパール・カンティヒマール山域
北八ヶ岳の山小屋の主人パウロさんと、山小屋で働くそれぞれ事情を持った仲間3人が、パウロさんの遺骨を持ってヒマラヤの未踏峰へ向かう。祈りの峰(ビンティ・チュリ)と名付けた未踏峰に挑み3人が見たものとは・・・
※読後は清々しい気持ちになって元気をもらえた。
未踏峰

「南極風」
祥伝社文庫・502ページ・790円+税
山域:アスパイアリング(ニュージーランド)
ニュージーランドの名峰アスパイアリングで起きた遭難事故で、ガイドの森尾は必死でツアー客を救出した。ところがその後、陰謀の渦中の人となった。法廷対決となり、諦めない森尾は・・・
※アスパイアリングは、行ってみたくなるような山だと思った。
南極風

「天空への回廊」
光文社文庫・657ページ・933円+税
山域:エベレスト
エベレスト山頂近くにアメリカの人工衛星が墜落!そこに偶然居合わせた真木は雪崩に襲われる。しかし、その衛星には世界を震撼させる秘密が隠されていた。親友の捜索を兼ねて衛星回収作戦に参加した真木が見たものは!エベレスト山頂付近でくり広げられる壮絶な死闘!ネパール・アメリカ・ロシア・中国を巻き込んでストーリーが展開していく・・・
※スケールの大きな内容だけに是非ハリウッド映画になって欲しいと思った!巻末の解説で、夢枕獏氏も謀略小説であり山岳小説でもある。充分ハリウッド映画になり得ると述べていた。
天空への回廊

「分水嶺」
祥伝社文庫・487ページ・800円+税
山域:石狩岳・音更岳・川上岳・ニペの耳
父の遺志を継ぎ山岳写真家となった風間は、厳冬の大雪山で、絶滅したはずのオオカミに命を救われたという田沢と出会う。亡き父と交流があったという田沢は、殺人罪で服役していた事を知る。極寒の中、田沢とオオカミを探すにつれて・・・
分水嶺

「大岩壁」
文藝春秋・361ページ・1600円+税
山域:ナンガパルバット(ディアミール壁・ルパール壁)
魔の山ナンガパルバットのルパール壁へ、友を失った二人が挑む!そこへ兄の無念を晴らすべく挑む若者、更に冬季初登頂を目指すロシアのパーティも・・・困難な状況の中、彼らの登攀はどうなるのか?
大岩壁

「春を背負って」
文春文庫・351ページ・590円+税
山域:奥秩父・甲武信ヶ岳・金峰山
木村大作監督により、東宝系で映画化された。
春を背負って

「ソロ」
祥伝社・433ページ・1800円+税
山域:スパンティーク(カラコルム)、ローツェ(南壁)、ローツェシャール
あのルートを、名も無い日本人がソロで登れるわけがない!そんな雑音をよそに奈良原は壁に挑むのだった。ローツェ南壁といえば、小説の中に実在のトモ・チェセンも登場!奈良原はトモの疑惑の初登頂を証明できるのか・・・
ソロ

LIONを見て!

2018年1月25日(木)風雪
こんな天気だと、山へは行く気がしない!凍傷になりそう!
自宅前は風が強くて雪も吹き飛んでツルツルの氷の路面。
向かい側の方には吹き溜まりが!サラサラの雪だが除雪が大変そう!

こんな時はDVDでも借りてきて見よう!とツタヤから借りてきて見たのが
LION~25年目のただいま
実話を元に作った映画のようだが、世のお母さん達は涙せずに見ることは出来ないような話。
先日、イオンファミリーシアター能代で見た「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶
も良かったが、久々に良いDVDを見て目頭が熱くなった。

2017年(平成29年)総決算

2017年12月31日(日)曇り後晴れ
今年も反省事項が沢山!でも、歳も歳だからということで大目に見ていただきましょう!

登山
登山回数:41回(例年より少なめ)
歩いた水平距離:約396km
累積標高:+35467m
一番思い出の山:雨飾山

ランニング
ランニング回数:61回
走った距離:約609km
10kmの最高タイム:49分26秒
10kmの最悪タイム」56分03秒
最高のランニングポジション:鎌倉の海岸

心に残った映画:「ドリーム

おもしろかった小説:笹森良平著「天空への回廊
ハリウッド映画にならないかなぁ?

新発見のジャズ:Hauschka
Radar
Craco
The Key
Familiar Things Disappear
PING

残念だったこと:左脚ふくらはぎの肉離れ

新しい2018年はどんな年になるのか?徐々に無理のきかない歳になりつつある。だましだまし頑張れるところまでやってみようかと・・・思うのだが?
2017年と2018年の架け橋のこの時間帯に、北東北の淋しい能代市の空から雨が落ちてきた!

「山へ行こう!」を閉じることにしました。

2017年4月26日(水)
1998年2月に開設した私の個人的なサイト「山へ行こう!」を、この夏(7月)に閉じることにしました。
閉じることになった経緯はホームページに「サイト管理者より」として記してあります。
カウンターが動作していた時は、数十万のアクセス回数がありました。多くの方々が閲覧くださったようで、大変有り難いことだと思っております。メーリングリストを利用して多くのご意見を賜ったこともあります。本当にありがとうございました。
これからも山歩きは細々と続けていこうかと思っております。
このブログの方は続けていきたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。
なお、閉じるまで数ヶ月あります。その間必要な情報など、ご自由にダウンロードするなりして、ご使用くださって構いません。画像なども著作権を主張するものではありませんので、ご自由にご利用ください。
7月のある日に突然削除することになると思うので、悪しからず!
サイトのURLは
http://showhey.eco.coocan.jp/index.htm
です。

yamaheikou

昭和24年「大火の日」実設訓練・・・能代市

2015年2月20日(金)
今日は、能代市で(1949年)昭和24年2月20日に発生した「大火の日」です。
深夜0時30分頃に浜通り付近で発生した火災は、強い西風にあおられ能代駅を越して延焼しました。2,238棟が消失、死者3名、8,790人が焼け出されました。私はまだ2歳でしたが、わが家も全焼し母の実家に身を寄せたようです。
そのために、今日は能代消防署による実設訓練が、私の住む町内の児童公園で行われ、私も参加させてもらいました。
地震が発生し、避難をしていた所へ屋根からの落雪で2名が雪埋めになったというところから訓練は開始されました。
通報後、消防車とパトカーが駆けつけ、プローブで雪山に埋まった人2名(実際は人形2体)を捜索。救助し救急車で搬送。
その後、火災発生したという想定で消防車が駆けつけ本部を設置して、消火訓練。
今回の訓練は、消防署員、警察署員、富町第1~3自治会、長根町自治会の住民の参加で実施され、約1時間ほどで無事に終了しました。

プローブで雪に埋まった人(人形)を捜索中。
2015022001

心肺停止の人(人形)を運ぶ救急隊員(左側)と生存者(人形)を慎重に掘り起こす隊員(右側)。
2015022002

火災が発生し、写真左側から右側へ向け放水する消防隊員。右側には延焼を抑えるために水のスクリーンを作った。
2015022003

訓練終了後、閉会式が行われ、訓練開始から1時間ほどで終了。2月とは思われないような穏やかな天気に恵まれた!
2015022004
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード