お薦めの書籍(登山)

2010年9月6日(月)
以前からお勧めしていろ本です!
科学的に書かれた登山に関する書籍です。山登りのトレーニングは山へ登ること!確かに!っと思わせる説得力ある解説!高所登山まで記述あり!さすが大学の先生~!是非、一読を!
画像をクリックすると大きくなり、大ざっぱな目次が良く見えます。
tozanhon

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

登山装備の更新

2010年8月31日(火)
登山用装備が次から次へと壊れていきます。そのたびに更新するのにお金がかかります・・・溜息
今回は、日帰り用のザックを更新しました。モンベラーとしてはモンベルからザックを購入ということになりました。

見えにくいかもしれませんが、黒い矢印で示した箇所が破れてしまいました。このザックはモンベルクラブで購入したバーサライトパック35というもので、35リッターの容量なのに920gと非常に軽量です。バックパネルも背中にぴったりとフィットしてメッシュで出来ているので蒸れません。気に入っていたのですが、森吉の連瀬沢遡行の時に、滝でザックをザイルで引き上げた際に岩に引っかけたようです。現在もこの製品は売っています。お勧めのザックです。私のように荒い使い方をする人はダメですねm(_ _)m
モンベルクラブでは修理出来るかもしれないので、持ってきてくださいということでした。次回に行く時に持参する予定です。気に入っていたので、フルシーズン背負っていたのがザックに負担だったのかも・・・
それにしてもメインザックは壊れないものですね!?(日本製)、カリマー、ミレー、?(アメリカ製)、と使い、今はゼロポイント(モンベル)を10年以上使っています。

バーサライト


雨蓋のファスナーの上の部分が写真のように破れてしまいました。無理に小物を入れて引っ張ったら穴が広がりました。
破損箇所1


上部横の部分も穴があいてしました。無理矢理荷物を詰めると広がりそうです。
破損箇所2


そこで、やむなく購入したのがこのゼロポイント(モンベル)のグラナイトパック30です。30リッターと5リッター小さくなりましたが、シンプルさに惚れました。最近のザックは、どのメーカーのザックもポケットが沢山ついていたり、2気室以上だったり、様々なユーティリティーで競い合っています。敢えて私はシンプルなものにしました。一本締めというのも気に入りました。
グラナイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

登山靴修理と購入

2010年7月1日(木)
先日(6月26日)森吉山で壊れた登山靴!再度修理しました。前に剥がれたのは踵部分。今回剥がれたのはつま先の方。前回と同様の方法で修理しました。何回登山に利用出来るんでしょうか?前回修理後20回ほどは使っているので、今回もそれくらいは大丈夫かと思いますが・・・でも、超低山でしか使いません。たとえば七座山とか房住山とか・・・

コメントでご指導いただきました。ポリウレタンの底にビブラムがくっついているこんな靴で、接着剤とビスで固定しても!!!というご指摘・・・然りですm(_ _)m
正直、時々行っている七座山のトレーニングには使えるのかな?っと思っていました。・・・(>_<)
私の真似をしないようにしてください。危険です!廃棄処分が妥当かと思います。
以上、追記です。



下山に時間のかかる山はやルートの複雑な山は無理でしょう!っということで、今日ICI石井スポーツ秋田店で新しい靴を買ってきました。本当はハンワグのクラックセーフティGTXが欲しかったのですが!秋田近辺では、扱っている店は知りません。ネット上で調べても私の足のサイズは品切れです。仕方なく、今日購入したのはマインドルのバキュームGTXです。マインドルのアルタビアGTX方が良いのかと思っていたのですが在庫はありませんでした。
さあ!どこへ行こうかな?でも、この梅雨空ではなあ

踵部分に比べて少し短めのビスでとめました。接着剤はセメダインのスーパーXクリアを使用しました。この靴はKaylandのものです。
靴修理

マインドルのバキュームGTXです。この靴の人気度合いは、靴の名前で検索してネット通販の説明を見るとヨーロッパで大人気の・・・という注釈が付いています。ただ、踵を見てわかるようにワンタッチアイゼンは装着出来ません。だから冬は使えません。私は古い世代の人間ですから・・・ハンワグとかマインドル、ローバーのようなドイツの登山靴がはき慣れているのです。プラスティックブーツはスカルパを履いたことがありますが、スポルティバやガルモント、スカルパ等のイタリア製の靴は次回でしょう・・・?実は、今回修理した靴のKaylandはイタリアなんです矛盾しているな~m(_ _)m
靴購入

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

NIKWAX(ニクワックス)でレインウェアの洗濯撥水!

2010年6月11日(金)
6/5~6/8の高校生の大会に審査委員として出掛けた時、山仲間のhontaka氏がこれを使って!っとMIKWAX(ニクワックス)を・・・!イヤー!っと言っても、ネットで安く手に入れたから・・・っと!
そのまま甘えて頂きました。っということで、早速今日使ってみました。その時、なんとkamakesi氏のブログのプリントアウトした物も頂きました。詳しいことは、やはりkamakesi氏のブログです。hontaka氏相変わらず至れり尽くせりです!
今日は、私のレインウェア(数年前に買ったモンベルのストームクルーザー)と私のより少し古い家族のモンベルのストームクルーザーの2着を洗濯と撥水処理をしました。
今日はその後、車の後部荷室の二段化計画を実施。材料を買ってきて目処がつきました。少し時間がかかりそうです。完成したら公開しましょう!冬は下段にスキーや靴を積み、上段にウェアなどを積む予定。車泊する時は下段に荷物、上段に寝るつもりです

左のボトルが洗剤(TECH WASH)300ml、右のボトルが撥水剤(TX.DIRECT WASH-IN)300mlです。
NIKWAX

さて、NIKWAXの使用料を節約するためにすべて手洗いすることにして、コメリに行って直径50cmのタライ(1480円)を購入してきました。
まず、浴室に入りタライに
①温水を入れレインウェアを洗い、汚れた水を捨てる
②温水に洗剤を入れもみ洗いする
③その後15分ほど浸しておいて、最後にもみ洗いしてすすぎをする
写真は洗剤に浸している状態
選択中

すすいだ後、
④温水に撥水剤を入れウェアを良く浸す
⑤15分ほど浸しておいてから手で(ゴム手袋)もむ
⑥撥水剤は少し白っぽい色をしているので水で洗い流して自然乾燥する
撥水処理中

濡れたまま中庭に持って行きダラダラ水滴がたれる状態で自然乾燥しました。天気が良かったので数時間で乾きました。
乾燥中

この後、kamakeshi氏の様にアイロンをかけるかどうか迷ったのですが・・・勇気が無くアイロンは止めました。
しかし写真のように、乾燥してから恐る恐る水をかけたら、水をはじいて水滴が出来ました。・・・合格でした
撥水バッチリ

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

登山靴修理

2009年8月25日(火)
昨日、七座山へ行ったら登山靴のビブラムが剥がれてきた。新しいのを購入かなっと思っていたけど、年金生活者としては、金はないけど時間はあるので、修理に挑戦ということにした。

下の写真のようにビブラムソールが剥がれてしまった。以前だったら直ぐ購入に踏み切るのだが・・・我慢!修理してトレーニング登山用にと考えた。踵部分の中心部は空洞になっており、縁の部分は柔らかい材質。どうするか悩んだが、まず接着しかないということで、ホームセンターへ!
靴修理前

固化しても弾力性のある接着剤でゴム用と思っていた。いつもはセメダイン社の接着剤を使うのだが、今回はボンド(コニシ株)の物にした。「ウルトラ他用途」という商品名で靴底の貼り付けに良さそうな説明が書いてあった。セメダイン社の物も使用温度範囲が広かったり長所もあるが、私には木工用接着剤のイメージが強いボンドが、どの程度良い商品を出しているのか試してみることにした。接着面をヤスリで良く擦り綺麗にして、接着剤を両面に均一に塗る。両面をあわせ、3.5×20の皿タッピングネジで写真のように4カ所止める。ネジはこのままにして使用するつもり。柔らかくネジがうまく入るか心配したが意外とスムーズに固定出来た。数日後使用してみてその結果は?楽しみだ!
靴修理後

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード