田代岳はまだ雪があるか?と登ったら山頂神社が!!!

2016年4月25日(月)快晴
今年は雪が少ないから、田代岳は大丈夫か?っと思いながら林道を進んだ。途中の林道脇にはほとんど雪は無く、大広手口に着いて少し雪がありホッとした!大広手登山口には、岩手ナンバーの赤いピックアップトラックで来た男女ペアの方がいて準備をしていた。私が準備していたら、お二人が出発する際に、コースを聞かれた。この雪の状況ではどのコースを勧めたら良いのか?私では判断しかねたが、いろんなコースや雪の状況を一通り教えた。田代岳は初めてのように感じた。地図も無さそうだった。ちょっと心配だった。結局、お二人は真っ直ぐ山頂方向へ小尾根を登って行った。その先は杉林の急斜面になるがどうしたのだろう?
私は、9時14分左手の小沢(一部だけ雪が残っていた)を慎重に越え、いつもの左手の尾根に着いてホッとした。あとはヤブも出ているが何とか尾根の上を登り、急な尾根になった所でヤブが多くなり、右手の沢に近い所を登った。その上の方は順調だった。1000m前後の斜面は期待を裏切らない斜面だった。9合目の雪原に出て岩木山と山頂ドームが見えた。お二人の姿は見えなかった。雪原からドームを登り10時53分山頂の鳥居に着いた。雪が融けたため鳥居が高い!鳥居の先は登山道が出ていた。雷岳へ行くつもりだったので、雪のある神社裏手をつないで雷岳が見える所まで進んだ。神社裏手に板や材木が数個散乱していた。この時は、余り気にならなかった。斜面を観察した。山頂からの下りの斜面がどこで雪がつながっているか良く見えない。雷岳の斜面もだいぶ荒れて溝が幾筋も見える。鞍部まで雪がつながっているか判断つかず断念!
山頂神社で休むことにして、山頂神社へと戻った。この後の神社の様子については写真のコメントをご覧ください。とにかく唖然として写真を撮った。神社前の階段は大丈夫だったので、腰掛けて昼食を食べた。そして、写真をフェースブックにアップした。多分4月17日(日)の強風でやられたものと思いました。
11時40分下山開始。雪原に降りてもお二人の姿は無かった。来た尾根を下り、12時24分大広手の登山口に着いたが、お二人の姿は無く、車はそのままあった。どうしたんだろう?神社の事とお二人のことを気にしながらユップラへと向かった。車の中は暑かった!


田代岳大橋から望むと雪が少ないなー?大丈夫かな?っと思った。
2016042501

大広手登山口には、まだ50cm程の雪が残っていてホッとした。しかし、あちこちヤブが現れ始めていた。
2016042502

1000mを越えた辺りは良い斜面だった!左手奥に雪原の東端のピークが見える。
2016042503

9合目雪原を進み右手に岩木山を見た。地糖がだいぶ出てきた。
2016042504

山頂ドームはヤブがだいぶ出てきて、気持ち良く滑るような斜面では無さそうだ。
2016042505

山頂の鳥居がやたら高く感じた。登山道が見える。この後、右手の北側を回ったが、北側の斜面にはクラック(クレバス)ができはじめていた。
2016042506

雷岳まで行けるかどうか?探ってみた。右手を回り込めば行けそうだったが、下のヤブが右に伸びていたので断念した!
2016042507

山頂神社に西側から近づいたら!!!呆然として立ち尽くした。西側の壁が吹き飛んだようで無かった!
2016042508

正面に回ったら、アルミの入口の戸が内側に折れ曲がり、大きな鈴が半分吹き飛んで無かった!
2016042509

中に入り、西側を撮してみた。落下しただろう額は、誰かが並べられて立て掛けてあった。白髭大神様はいつもの位置に立っていたが、誰かがそうしたのかもしれない。地下への入口の蓋も無かった。東側はさほど損傷は無かったようだ。
2016042510

無事だった白髭大神様です!この後、荒れればどうなるんでしょうね?何だか・・・失礼ながら、助けを求めてるような顔に見えました。
2016042514


帰る時、西側の後を回って撮った写真。屋根がめくれている。屋根を支えていた柱が外れて傾いていた。この後荒れた天気になれば、どうなるんだろうと心配しながら山頂神社を後にした。
2016042513

さあ気を取り直して下ろうと、鳥居の所から下の雪原を見た。地糖がだいぶ顔を出してきた。それにしても、お二人はどうしたんだろう?この時点で姿は無かった。
2016042512


comment

Secret

痛々しい

痛々しい画像ですね。この冬お世話になったのに。

No title

こんたろう@本荘様へ
ちょっとショックでした!
前から強風の時は心配していたのですが
こうなろうとは!
修復をどうするのか気になります。
Byしょうすけ

No title

ご無沙汰しております。

まずはご連絡有難うございます。一応数日前に情報が入り、同社総代さんに情報収集してもらい、今後の対策を立てるところです。

一神社として休憩所も兼ねた建物の管理はかなり限界なのが現実で、色々と課題はありますが行政への助勢を頼む時期に来ているかとも思っております。

いずれ半夏生のおまつりまでには、できる範囲で手直しをすると思います。

先生もお体に気を付けて下さい。有難うございます!

No title

武内様へ
コメントをいただきありがとうございます。
山頂神社の様子を見た時にはショックでした!
特に冬に登った時には、大変お世話になっている山頂神社でした。
今シーズンは1月から10回も登らせていただきました。
その度に休憩させていただいていました。
これからもお世話になるかと思うので、
何かしら協力出来ないかと思っております。
よろしくお願いいたします。
Byしょうすけ
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード