FC2ブログ

快晴の八幡平

2021年2月28日(日)快晴
1週間ほど前から2月28日の天気予報はずっと晴れのままだった。hontakaさんと打ち合わせして八幡平へ行くことにした。
自宅から秋田八幡平スキー場駐車場までは、約2時間ほどかかる。放射冷却で冷えたためか、所々で霧がかかる道を進んだ。8時半過ぎ着いたら、hontakaさんが準備をしていた。
日差しを感じながら9時頃出発。ゲレンデの左端を登っていく人達の後を追う。スキー場トップから少し下って蒸ノ湯休憩所に着いて、前方の尾根を登り始めることになる。薪を背負った2人組のパーティと抜いたり抜かれたりしながら、徐々に登っていたら快晴の空の下に遠くの山々が見え始めた。鳥海山が右手に見えて、なぜか?ホッとした。前日には八幡平ビジターセンター主催の「樹氷原を歩こう」のツアーがあったし、更に今日の多くの登山者で雪の上に登山道が出来たみたいな状態!鹿角市山岳会の黄色いフラッグに書いたコメント(冷やし中華を始めました。山頂小屋。など)を読みながら、のんびりと歩を進めた。昼頃、山頂に着いて更に八幡沼や陵雲荘が見える所まで行ってみた。陵雲荘は人でいっぱいだろうな?と思い、山頂に戻ってランチタイムとした。風もそれほどでもなく、ゆっくりすることが出来た。13時近くになり下山開始。藤助森までシールを付けたまま進み。そこから下りを楽しんだ。思った以上に走る雪質にスキーも楽しめた。最後の車道に下る所の少し手前でアスピーテラインに下りた。比較的楽に下りることが出来た。蒸ノ湯休憩所から、スキー場に向かって登り返しになるが、面倒になり「車道を下ろうか?」と提案したら「オッケー」だったので、車道を後生掛温泉入り口まで下った。重機がある所からスキーを背負いスキー場駐車場まで歩いた。その後ろ姿を、Fojiさんに見られてしまった!駐車場に着いて帰る準備をし、名残惜しさを感じながら帰路についた。

スキー場は休みなのに、多くの車が駐まっていた。岩手・盛岡ナンバーの車が多い。なぜ岩手県側から登らないのかな?何か理由があるんだろう?
国見台(左側)と栂森がよく見えている。
2021022801


ゲレンデトップから振り返った。まだ登ってくる人達が続く。
澄川地熱発電所の奥になだらかな柴倉岳が見えている。2012年春に独り、大場谷地からスキーで三方高・三又森・柴倉岳と歩いた時のことを思い出した。
2021022802


蒸ノ湯休憩所の看板。雪が多いような気がするが、どうなんだろう?看板と支柱と工事代金でいくらなんだろう?と俗っぽいことを思ってしまった。
2021022803


登りはじめの辺りでは、樹氷が余り発達していない!ダケカンバに付いた霧氷がきれいだった。
2021022804


ようやく山頂に着いた。ここに来る度に、300番の柱がよく風で倒れないものだと、感心する!
2021022805


下の写真は、2枚ともサムネイル表示にしています。画像を右クリックし、拡大してご覧ください。
この写真は、右に岩手山、その左肩に早池峰山が見えます。近くには雪に覆われた八幡沼とその畔に立つ陵雲荘、その奥に源太森が見えます。
2021022811
この写真は、サイズが大きくブログにアップすることが出来ないため、かなり縮小して表示しています。
山頂の展望台から南(左)から北(右)へ撮影したパノラマ写真です。
左端には、樹氷原の奥にかろうじて秋田駒ヶ岳が見えます。右に進むとうっすらと鳥海山が見えます。更に右へ進むと樹氷原の奥に森吉山が見えますが、肉眼では森吉山の左に男鹿半島が見えました。300番の番号の付いた柱の奥には、白神岳や向白神岳の山並みが見え、右には田代岳、その右に津軽富士の岩木山が見えます。更に右に移動すると鹿角の五ノ宮嶽や皮投岳が見え、その奥に八甲田の山並みが見えます。
元の画質で見るともっとはっきりと確認できるのですが、ネット上にあげるためには画質を下げざるを得ませんでしたm(_ _)m
202102281211

好天の田代岳

2021年2月13日(土)快晴
12日金曜日は最高の天気!明日も良くなる予報だったので、準備して13日独り田代岳に向かった。
大広手登山口に着いたら、もう数台の車が!この天気だと当然だよなっと思って登り始めた。
尾根の上を登り、急になった辺りで前方に人が見えた。
追いついたら、ミキティさんと三浦さんペア!更に、直ぐ先に珍しことに松さんと利さん!
5人一緒になって登り始めた。1000mを越えたところでみんなで貴重な自然観察を!
ミキティさんに教えていただいた。感謝m(_ _)m
雪原に出たら、大展望が広がっていた。利さんは生まれ育った所に近い鳥海山が見えるか?と気にしていた。
最後のドームの登りで幸いにも、ようやく鳥海山を確認できた!
間もなく、Tシャツ姿で登ってきた若者3人組が山頂を通過してどっかへ行った。
あとは、山頂の避難小屋兼神社に入ってランチミーティング。
食事中には、外で女性達の声が聞こえたが中には入ってこなかった。
ミキティさんが掃除などを始めたので、私は除雪を少し手伝った。
今日の使命を受けてきたミキティさんと三浦さんは、床の拭き掃除や片付けをしていたが、
松さんと利さん私の3人は、先に下山を始めた。
少々手強いモナカもあったが、樹林帯上部はまずまずの雪質だった。
無事に下山して、お互い再会を願って車のハンドルを握った。


尾根の上を登っていったら前方に人が!近づいたらミキティさんと三浦さんだった!GoProを片手に撮影しながら登っていた。
その直ぐ先に、松さんと利さんがいた!
2021021301


雪原をドンドン進む松さん!青空の下に真っ白な山頂ドーム!
2021021302


利さんは久々の雪の田代岳をじっくり感じながら登ってきた。下方に、小さくミキティさんと三浦さんが写っている。(利さんの右手のストックのところに見える)
2013021303


ようやく山頂の避難小屋の屋根が見えた。
2021021304


私も少しは手伝って除雪した。知らない間にミキティさんが写真を撮っていた。
2013021305


雪原からも岩木山や八甲田山がきれいに見えていた。
サムネイル表示にしてあるので、画像をクリックし、拡大して見てください!
2021021306

天気の良いうちに田代岳へ

2021年1月26日(火)晴れ
天気が良いうちに行こうとhontakaさんと打ち合わせ!
今回は、大広手口から見て正面の急な斜面を登ろうと計画。心配だったのは、登山口から直ぐの沢を渡れるだろうか?ということだったが、Fojiさん情報では、杉林近くまで行けば何とかなるということだった。
ところが、登り始めると、夏道に沿って下ったスキーのトレーズがある。それを辿ったら、夏道にある沢の所をかろうじて通過した跡があったので、我々もかろうじて通過できた。
あとは、2合目手前にある尾根に取り付いた。徐々に急斜面になり苦戦しながら登る。雪はガリガリに硬い。汗をかいて必死に登る。尾根に取り付いて1時間以上経過して、にっちもさっちもいかなくなって遂にスキーを脱いでつぼ足で標高差5m程を登って傾斜が緩やかになった。あとは順調に登ったが、9合目雪原に出る手前にスノーモービルの走った跡が!愕然とする!9合目雪原にも山頂ドームにも落書きの跡が!一応、自粛要請の看板が何カ所か付いているようだが・・・
山頂ドームを登ったら、女の方がひとり下って行った!後で分かったことだが、インスタグラムでフォローしているyotchan310さんだった(^-^)/
その後hontakaさんと避難小屋に入ってランチタイムにした。カタカタ窓が鳴り、風が気になった。食事が終わって外へ出たら、少し風が出てきていた。展望は良く、岩木山や八甲田山・岩手山・秋田駒ヶ岳・うっすらと鳥海山も!当然近くの白神岳方面も。花輪スキー場が見え、五ノ宮嶽と皮投岳も良く見えた。
下りは、夏道から少し右寄りに下り、へピンカーブの所から林道へ向けて下った。悪雪と低灌木にやられて、最後の斜面は私だけスキーを脱いだ。林道に下りたらFojiさんがすでに下山して帰る支度をしていた。山中でもFojiさんと何度も会った。今日も無事に終了!車の横でhontakaさんと少し長話になり3時過ぎになって慌てて帰路についた。


登りの斜面は、急なだけで無く、ブナの木から落下した雪がアチコチにあり、苦戦の登りだった。
2021012601


9合目雪原に出ようとした所で、スノーモービルの走った跡が!兎の足跡がかき消されていた。自粛要請の看板が大広手登山口にあった。
2021012602


スノーモービルの走った跡は、山頂ドームにも沢山見られた!
2021012603


山頂から9合目雪原を見た。青空とはいかなかったが、遠くの山々がくっきりと見えた。岩木山や八甲田山は近くに見えるような錯覚をした。
2021012604


今日は、Fojiさんと、車で来た時・9合目雪原・写真の下山途中の960m付近・下山後と4回も遭遇した!
写真の時は、hontakaさん(左側)と何やら楽しそうに話をしていた。
2021012605


今季初の森吉山

2021年1月23日(土)晴れのち曇り
hontakaさんと行く予定が都合が合わず、結局独りで行くことになった。阿仁スキー場に着いたら、既に多くの車が駐車していた。人も多い!マスクをしてゴンドラ駅舎に入り、ゴンドラ券を購入してから登山手続きをした。
独りゴンドラに乗り、下の牧場を見たら、雨溝だらけの雪面を見てぞっとした。それでも、登っていくと青空の下に純白の森吉山が見えてホッとした。ゴンドラを下りて、いよいよ登りになったが結構人が多い。雪庇に気を遣いながらトレースの無い雪面を一番右寄りに登った。石森に着いてシールを外して、連瀬沢に滑り込む。シールを付けて先行者のトレースに沿って山頂へ向かった。登るにしたがって雪が硬くなってきた。登っている人の多くはスノーシューで、一部がスキーとスノーボード、中にはつぼ足の人もいた。11時半頃になって山頂に着いた。前方に、FBで良く見ていた方が居た!そうだ、高校の同級生のMさんだ!声をかけたらびっくりしていた。高校卒業以来の再会だった!ガイドのFojiさんが良く彼を案内していたFBを見ていたので服装で確認できた。Fojiさんのお陰でもある。50数年ぶりの再会でお話しすることが出来て嬉しかった!お別れをして、私は東斜面に向かった。残念なことに、東斜面はシュカブラが全面を覆っていた!がっかりして山頂方面に戻り、山頂の下で昼食を食べた。無風状態で日差しが暖かい。こんな山頂も珍しい。昼食後、慎重に下って連瀬沢を目指した。石森付近の尾根から連瀬沢へ滑り込んだトレースが沢山あった。私は、石森下部を回り込んで森吉神社に向かい、神社下の斜面を楽しんだ。今日一番の楽しい滑りが出来た!曇り空になってきた。硬い雪のゲレンデを慎重に下った。下手な滑りしか出来ない私にとっては、筋トレでもしているような下りだった。それでも無事に下山して、コロナ渦の中でも平和な一日は終わろうとしていた。


1枚目の写真は、登りの時の石森付近から見た森吉山の主峰中央火口丘の向岳。まだ、トレースが少ない。2枚目の写真は、下りでほぼ同じ位置から14時少し前に撮した写真。人の歩いた跡が沢山あった。山頂部は薄い雲に覆われ始めていた。
2021012301
2021012302


樹氷は平年並みに大きくなっていた。大きな樹氷の左にある小さな樹氷は、右に向かって人がマイクを持って話すか歌っているかのように見えたが?どうだろうか?
2021012303


連瀬沢から山頂に向けて登る途中、石森方面を振り返ってみた。この辺までは、スキーヤーにとってはまずまずの雪質だった。
2021012304


山頂が近くになると、雪は硬くなり、スキーのトレースは残らない。スノーシューもクランポンの跡が残る程度だった。何だか悪い予感がした。山頂部にも人影が多く見えた。
2021012305


山頂から東斜面に向かったが、斜面を覆うシュカブラを見てガッカリした。これでは滑っても面白くない!私の技術では危険なだけだ!
前方の尾根は、左がヒバクラ岳、右が小池ヶ原だ。写真の右端の雲の上に、小さく岩手山が写っている。
2021012306


東斜面から戻って山頂直下でランチタイムにした。無風だったので、日差しを暖かく感じながらのひと時だった。
山頂を見ると、嵐の後の風景だった。1月7日に猛吹雪で停電した時のことを思い出した。
2021012307


一方、下る方を見ると写真のように、うねるような雪面が広がっていた。これは苦労しそうだな~!
2021012308


下るにしたがって、石森付近から連瀬沢に下るスキーやスノーボーダーのトレースが沢山見えてきた。
これを見て、森吉神社付近まで移動して、神社下の斜面を滑ることにした。その滑りが一番楽しい滑りになった。
2021012309

今季初BCスキーに田代岳へ

2021年1月15日(金)晴れ
ようやくスキーを履く気持ちになった。hontakaさんに連絡して一緒に行くことにした。
温泉ユップラに集合して一緒に大広手の登山口に向かう。きれいに除雪された林道は、夏より走りやすいような気がした。
大広手口からスキーを履いて、いつもの左の尾根へ向けて出発。尾根上を登っていたら、若い単独の男の方に追い越された。早い!やがて9合目の雪原に着いて山頂ドームが見えた。我々が山頂ドームの登りに喘いでいたら、さっきの若い方が斜面を滑ってきた。穏やかな天気の中、山頂の避難小屋に入ってランチタイムとした。ゆっくり休んで、外に出て下る準備をしていたら、ガイドの福士さんが独り登ってきた。少し立ち話をして、我々は先に下ることにして山頂を後にした。初滑りを楽しみながら下り、14時前には登山口に着いた。
帰る準備をしていたら、福士さんが下ってきた!早い!お互い挨拶をして帰路についた。

追い越して行った若い方のトレースが山頂ドームへ向かって伸びていた。
避難小屋の中なのか?姿は見えない。
2021011501

山頂ドームを登り、ようやく山頂の避難小屋兼神社が見えた。
手前の鳥居は朽ちかけている。
2021011502

山頂の避難小屋でゆっくりランチタイムを楽しんでから、下ろうとして9合目雪原を望む。
2021011503

ドームを下ってから振り返る。シュプールは、画質を落としたこの写真では良く分からない。
2021011504

樹林帯に入ってからは気持ちの良い滑りが出来た。スキーが下手でも、上手くなったような滑りが出来るサラサラの軽い雪質だった。
太陽が傾き始めている。
2021011505
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、低山徘徊が中心になった。体力と気力を維持するのが当面の目標!6年前、母の介護が終わってからジョギングも始め、マラソン大会にも何度か参加できるようになった。
世の中にもて余され気味の団塊世代。
2019年12月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード